Chainlinkはゼロに向かっている?新しいステーキングコインが20万ドルを確保すると、LINKの価格が突然5%下落

Is Chainlink Going to Zero LINK Price Drops 5% Suddenly as New Staking Coin Secures $200,000

画像引用先:Sam Cooling x Jarmoluk

Chainlink(LINK)コミュニティが2023年のSmartConのためにバルセロナに集まる中、価格は-5%急落。これは、ANZ銀行とのパートナーシップにもかかわらず、LINKが16ヶ月間堅持している範囲内での動きです。しかし、事態に恐れるバッグホルダーは「Chainlinkはゼロに向かっているのか?」と再び問い始めています。この詳細について、LINKび価格分析で確認していきましょう。

典型的な「噂を買ってニュースを売る」相場の動きで、-5%の下落は、主要なファンダメンタルズ・ニュースと上値抵抗線が収束した後に発生しました。

Real World Assets(RWAs)は巨大な基本的動向の変化の中心にあり、Chainlinkのクロスチェーン相互運用プロトコルは、6月にSWIFTとの成功したパイロットプログラムを経てANZ Bankと提携しています。

トークン化への関心が高まる中、ANZ銀行は既にオーストラリアドルのステーブルコインとオーストラリアのカーボンクレジットをトークン化する試験を実施しています。

LINK価格分析: なぜChainlinkはゼロにならないのか


一時的な価格修正の動きの中で、Chainlinkは現在市場価格で$7.94で取引されており(24時間で-1.34%の変動)、最近の下落動きが投資家を悩ませるべきではありません。主要なプロジェクトニュースに対する市場の一般的な反応として、価格が下落することはよくあることです。また、-5%の下落は、LINKが16ヶ月にわたる確立された取引チャネルの上のトレンドラインに達したため、チャート構造で予想される技術的な動きとしても発生し得ます。

LINK Price Analysis

画像引用先:TradingView/LINK USDT

9月29日に20DMAと200DMAがゴールデンクロスを記録したことを受けて、価格は上昇しました。

両方の移動平均線は、LINKの価格動向に強力なサポートを提供。200DMAは上方トレンドラインのレジスタンスへとプッシュアップするための発射台を形成し、上昇する20DMAは9月の価格動向に軌道と足場を提供しています。

ただし、4月以降$8.50の価格レベルが破られていないことを考えると、LINKの価格がここで修正に入ったのはあまり驚きではありません。

特に、土曜日に74まで上昇したRSIを考慮すると重要です。これは、過去16ヶ月間で下落を引き起こした、顕著な過剰買いのシグナルを示しています。

これまでの-5%の動きは、過熱したRSI指標を大幅に冷却することなく、現在67.14で推移していることを示しています。これは、さらなる下方修正が予想されることを示唆しています。

一方で、MACDは200DMAからの劇的なプッシュアップとゴールデンクロスを受けて0.113で強気を維持しています。

全体として、LINKは分散型金融の未来において重要となる可能性がある大きなパートナーシップを結んでいる優良プロジェクトでありながら、16ヶ月のトレンドを打破するのは難しいです。そして、今月は下方が主流のようです。

TradingView LINK USDT

画像引用先:TradingView/LINK USDT

何にせよ、もしLINK Marinesがここで足場を築き、SmartCon 2023中にチャネルをブレークアウトできれば、$8.50への上方目標が予想されます(+7.4%の可能性)。

ここでの下方リスクは大きいですが、過去16ヶ月の価格動向から見ると、$7付近の20DMAに戻る可能性があると予想されます(-11.55%の可能性)。

これにより、短期間におけるLINKのリスク:リワード比率は0.64となります。これは下方リスクに支配されるエントリーですが、ゼロになることはありません。

Meme Kombat: GambleFi、暗号コミュニティに突如登場 – ポテンシャルは10倍?


Meme Kombat GambleFi Takes Crypto Communities By Storm - Potential 10X

画像引用先:Meme Kombat

Meme Kombatは、懐かしいゲームへの愛情とGambleFiをシームレスに融合させた先駆的な取り組みで、分散型Web3プラットフォームです。

ここで、Meme Kombatが一体どのような仕組みで動いているのか、なぜ投資家がこのプレセールに注目すべきなのか、その理由を探りましょう。

Meme Kombatの本質は、深く部族的な暗号コミュニティを利用しようとするキャラクターが角を突き合わせる、魅惑的なアリーナにあります。

プレイヤーは、これらのアニメーションバトルに自由に賭けることができ、結果を予測し、魅力的な報酬を手に入れる可能性があります。

シーズン1では11のユニークなミームキャラクターをフィーチャーしており、アクションが途切れることはありません。そして、シーズン2が既に2023年12月に控えています。

プロジェクトの分散型の性質とAI駆動のバトルのスリルが組み合わさることで、結果は透明で予測不可能です。そして、すべてのバトルは新しい経験であり、プレイヤーが継続して参加することを保証します。

GambleFi革命?Meme Kombatは、ステーキングや報酬をゲーミフィケーション化

このプロジェクトは単なる興奮だけでなく、信頼の基盤の上に築かれています。Meme Kombatの透明性へのコミットメントは、スマートコントラクトのセキュリティ監査のような取り組みを通じて明らかです。

この監査結果は間もなく公開されますが、これは多くのプロジェクトが敬遠する動きです。

創設者でありプロジェクトリーダーのMatt Whitemanは、暗号空間で無名の存在ではありません。

彼のプロセスデザインにおける20年の経験と、North TechnologiesのCOOとしての彼の位置付けは、Meme Kombatに信頼性をもたらしています。

また、多くのプロジェクトが匿名性のベールの背後に隠れる中で、Whitemanのオープンなプロファイルとプロジェクトのアムステルダムにある物理的なアドレスは、追加の信頼性の層を提供するでしょう。

Meme Kombat Tokenomics

画像引用先:Meme Kombat

Meme Kombatのトークノミクスも、潜在的な投資家にとって魅力的な要因です。$1.667と魅力的な価格で設定されたMeme Kombat($MK)トークンをステークし、報酬が豊富なエコシステムに飛び込みましょう。

豊富なAPYの112%と共に、ステーカーはパッシブインカムから利益を得るだけでなく、ステーキングしたトークンを使用してアリーナでベットを置くこともできます。このゲームをしながら稼ぐという二重の機能が、Meme Kombatを他のプロジェクトと差別化します。

興味深いことに、プラットフォームへのエンゲージメントが直接獲得できる収益に影響を与えるため、参加するほどに、獲得できるものも増えます。

Rollbitのようなコインの後に続くGambleFi業界が急成長している中、Meme Kombatはその革新的なアプローチで、この利益のある市場を利用しようとしているようです。

ミーム、ゲーム、およびブロックチェーンを融合させることで、このプラットフォームは暗号コミュニティに新鮮なものを提供しています。

ユニークな商品でポートフォリオを多様化したいと考えている人々にとって、Meme Kombatは見逃すには惜しいチャンスと思われます。

Meme Kombatで、ミームベースのゲームとベッティングの未来を受け入れましょう。

免責事項:暗号通貨はリスクの高い資産区分です。本記事は情報提供を目的としたものであり、投資アドバイスではありません。あなたはすべての資本を失う可能性があります。