BTC 0.58%
$64,935.47
ETH 3.22%
$3,544.96
SOL 1.74%
$136.53
BNB 3.06%
$599.42
XRP 2.56%
$0.49
DOGE 2.12%
$0.12
SHIB 2.25%
$0.000018
PEPE 11.16%
$0.000011
Sealana(SAL)
先行セール終了間近

Chainalysis社、テロ資金調達における暗号通貨の役割を評価する際の不完全な分析を強調

crypto-terrorism

画像引用先:Adobe/Catalin Pop

ブロックチェーン分析会社のChainalysis社は、テロリスト資金調達における暗号通貨の役割の程度に関する最近の報告の正確性に関して、懸念を表明しています。

イスラエルでの最近のハマスによる攻撃を受けて、テロリストグループが資金調達のためにどのように暗号通貨を利用しているかについての検討が強化されています。

Chainalysis社は、テロ資金調達が既に限られた不正な暗号通貨取引量のわずかな部分を占める一方で、一部のテロ組織がデジタル資産を使用して資金を調達、保管、および送金していることを認めています。

同社は、伝統的なフィアットベースの方法、つまり金融機関、ハワラ、およびシェル会社がテロ組織の資金調達の主要な手段であることを指摘しています。

テロ資金調達における暗号通貨の役割、報告で過大評価される


最近の出来事を受け、様々なメディアがハマスの攻勢に流れた非合法な暗号通貨資金の範囲を試算しようとしています。

エリザベス・ウォーレン上院議員をはじめとする他の議員たちは、ハマスが暗号通貨を使用しているとのウォール・ストリート・ジャーナルの報告に対し、バイデン政権に対応を求めています。

Chainalysis社は、テロ関連資金の流れを分析する際の2つの重要な側面を概説しています:テロ組織が直接保有する資金の量を定量化し、テロ資金調達に関連する資金の移動を容易にするサービスプロバイダーを特定することです。

同社は、イスラエルに対する攻撃に関する最近の見積もりが、テロ資金調達に関連する一部の資金を受け取った可能性のある特定のサービスプロバイダーへの全ての流れを含んでいた可能性があると懸念を示しています。このような場合、報告された総額には、テロ資金調達とは関係のない資金が含まれている可能性があります。

例えば、Chainalysis社は、テロ資金調達のために8,200万ドルの暗号通貨が調達されたように思えるかもしれないが、これらの資金のほんの一部がテロ活動のために意図されたものである可能性が高いと指摘。

同社は、テロ関連のウォレットから約450,000ドル相当の資金が移動したと推定しており、すべての取引活動がテロ関連であると仮定することは誤りであると強調しています。

Chainalysis社は、メディアによって使用された特定の推定に対して懐疑的な見解を示している一方で、サービスプロバイダーの役割を考慮することの重要性を強調しています。

さらに同社は、これらのサービスプロバイダーがテロを支援するためのファシリテーターとして機能し、制裁を課すか、他の攻撃的な操作を採用することによってテロ資金を阻止する努力が不可欠であることを指摘しています。