CFTC、仮想通貨内部告発者への1500万ドルの支払いを明らかに

Yamada
| 2 min read

CFTC、仮想通貨内部告発者への1500万

画像引用先:Adobe

商品先物取引委員会(CFTC)は今年、内部告発者に1,600万ドルの報奨金を発表し、そのうちのかなりの額が仮想通貨関連の訴訟に充てられると発表しました。

10月31日のプレスリリースで、内部告発者政策について講演したChristy Goldsmith Romero長官は、金融規制当局が活動を強化する中での業績、提供された賞、および関連する判決を強調しました。

米国の規制当局は、このプログラムがこれまでにも良好な結果をもたらし、より効果的な執行体制につながっていると指摘しました。さらに、「内部告発者は、詐欺やその他の違法行為に関連するCFTCの調査を支援する上で重要な役割を果たしています。内部告発者がいなければ、CFTCは顧客と市場を完全に保護することはできません」と付け加えました。

今年、委員会は賞金として1,600万ドルを授与し、そのうち1,500万ドルは9月に2件で付与されました。しかし、当局は当時、その件に関する具体的な情報を公表していません。

Romero氏は、今年受け取った多くの情報は暗号通貨市場から来ており、「これは依然として広範な詐欺とその他の違法行為がある分野である」と付け加えました。

規制当局は今年、昨年記録されたいくつかの悪名高い崩壊と破産が規制の枠組みの不足が原因であると多くの人々が非難する中、デジタル資産市場を効果的に規制する努力を強化しています。

Romero氏は、CFTCの顧客教育およびアウトリーチ事務所が公衆に資金の保護方法と一般的な詐欺の特定方法について教育する努力を称賛しました。暗号通貨の採用が増えるにつれて、より多くの小売消費者がCFTCの管轄下に置かれるようになっているため、これは非常に重要だからです。

CFTCの内部告発方針


商品規制当局は2014年にこの政策を開始。社内の評価によれば、前向きな結果が得られているといいます。

過去9年間で、規制当局が30億ドルを超える判決を得た事件について、欧州委員会は内部告発者に約3億5,000万ドルを授与してきました。

内部告発者が果たす重要な役割は、委員会によって過小評価されることはありません。彼らは詐欺を特定し、証拠を解釈し、時間とリソースを節約します。これが「私たちが詐欺を早く止められるほど、顧客を害から守ることができる」という信念につながります。

今年、規制当局は内部告発者に提供されるインセンティブと保護のおかげで、1,520件を超える最多数の情報を記録しました。