CFTC委員長がSECのゲンスラー氏と衝突、仮想通貨の大部分は商品として見るべきだと主張

CFTC委員長がSECのゲンスラー氏と衝突、仮想通

画像引用先:Kanchanara on Unsplash

昨日のFutures Industry Association Expoで、米国商品先物取引委員会(CFTC)のロスティン・ベーナム委員長は、仮想通貨セクターに対する包括的な規制構造の構築を求める自身の呼びかけを繰り返しました。

ベーナム氏のコメントは、デジタル資産市場に対する規制当局の監視が強まる中で発せられました。そして、 同氏の発言は、既存の証券法が仮想通貨業界にとって十分であると主張する米国証券取引委員会(SEC)委員長のゲイリー・ゲンスラー氏の見解とは大きく異なることになります。

規制哲学の分裂


ベーナム氏は最近の発言でCFTCの執行活動を強調し、同委員会が前会計年度に60億ドルを超える財政救済命令を確保したと述べました。また、同氏は、これらの執行措置のうち45件が、デジタル資産市場における不正行為に関連していると指摘。

「今年度のこれらの行為にはデジタル資産関連の不正行為が含まれており、2015年以降に欧州委員会が開始した同様の行為131件の34%以上を占めている」と同氏は発言しています。

また、このスピーチの重要な点は、仮想通貨業界の約70%がコモディティのカテゴリーに分類されるべきだという主張にあります。 この立場は、既存の証券法が仮想通貨市場を管理するための十分な機能を備えているというゲンスラー氏の見解に真っ向から反するものです。

この分類を強制するために、ベーナム氏は議会に対し、明示的なルールを通じて商品トークンを規制するCFTCの権限を強化する法律を制定するよう求めています。

サイバーセキュリティと法的な勝利


ベーナム氏はまた、堅牢なサイバーセキュリティ、システムセキュリティ、顧客の安全を維持するための事前対策の重要性についても触れました。 同氏は、事後的なアプローチは委員会の目的を損なうことになると強調。

さらに、CFTC委員長は、Ooki DAOに対する法的な大きな勝利を強調しました。 2023年6月にカリフォルニア北部地区連邦地方裁判所が出した不履行判決を受けて、この事業体は閉鎖され、64万3,542ドルに達する罰金が徴収されています。この判決により、Ooki DAOは1936年商品取引所法(CEA)の「個人」に分類されました。

ベーナム氏はさらに、時代遅れのCEAによって課せられた制限について議論し、それらは効果的なルール策定に大きな障壁となっていると主張。 加えて、金融市場の垂直統合がますます進み、顧客保護に対する理解が変わり、新たな規制上の懸念が生じていると指摘しました。

要約すると、ベーナム氏は、暗号通貨および分散型金融(DeFi)セクターに特化した追加規制の必要性を強調したが、この見解はSECの対応者とは著しく対照的であるということです。

仮想通貨規制に関するCFTC議長とSEC議長の間の対照的な意見は、業界に永続的な影響を与える可能性のある相違を示しています。 両機関がこの進化する市場の管轄権をめぐって争っているため、統一された規制アプローチがまだ遠い現実であることは明らかでしょう。