BTC -0.25%
$64,893.90
ETH 2.24%
$3,556.02
SOL -1.42%
$135.86
BNB 2.09%
$600.26
XRP 1.83%
$0.49
DOGE 0.10%
$0.12
SHIB 0.19%
$0.000018
PEPE 7.76%
$0.000011
WienerAI(WAI)
限定セール中

中国とUAEの中央銀行、デジタル通貨協力体制の強化に関する覚書に署名

china-uae-digital-currency

画像引用先:Jack/Adobe

今週北京で開催された、第3回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムで、中国とアラブ首長国連邦(UAE)の中央銀行がデジタル通貨に関連する覚書(MoU)に署名しました。

中国人民銀行(PBOC)は、アラブ首長国連邦中央銀行との間でデジタル通貨協力を強化するための覚書に署名。

国営商業銀行である中国銀行(BoC)も、UAE最大の銀行であるファーストアブダビ銀行(FAB)とデジタル通貨協力に関する合意を締結しました。

この動きは、mBridgeプロジェクトの中で両中央銀行間の既存のパートナーシップを基にしており、越境支払いに焦点を当てています。

mBridgeイニシアチブには、国際決済銀行(BIS)、タイ中央銀行、香港中央銀行も関与しています。

一帯一路の発表、デジタル通貨協定も含む


「一帯一路」の発表では、インドネシア銀行とのさらなる協力の可能性が示唆されていましたが、これがデジタル通貨に関連しているかどうかはまだ不明です。インドネシアは、独自のデジタルルピアプログラムを積極的に探求しています。

UAEのデジタル通貨に関するアドバイザーであるShu-Pui Li氏は、特に中国企業が支払いにeCNY(デジタル元)の使用を好むことを考えると、協力の可能性を強調しました。この通貨はUAEの企業によって容易に受け入れられています。

このシナジーは、UAEで約300,000人の中国人労働者が雇用されていることから、中国人の大規模な存在に起因していると言えます。

なお、中国と中東・北アフリカとの貿易の約60%がUAEを経由しています。

また、Li氏は「一帯一路」イニシアチブの影響についても触れ、中央銀行デジタル通貨(CBDC)が仲介銀行の必要性を迂回して、インフラ支払いに使用できることを示唆しました。

このアプローチは、コストを削減するだけでなく、遅延も最小限に抑えます。これは、最近Swiftネットワークが制裁目的で使用されたことを考慮すると、特に関連性のある問題です。

中国銀行は、デジタル元CBDCに直接アクセスできる数少ない商業銀行の一つとして際立っており、これはデジタル通貨イノベーションの最前線に位置づける注目すべき利点です。

アブダビ初の銀行、JPモルガンのコインシステム試験運用に成功


UAEは、デジタル通貨のアジェンダを積極的に推進しています。最近の発表で、ファーストアブダビ銀行は、JPモルガンのコインシステムソリューションに関するパイロットの成功を明らかにしました。

UAEは以前、小売、卸売、および国境を越えたCBDCアプリケーションを網羅する包括的なCBDC作業の計画を公表していました。

mBridgeの国境を越えた支払いプロジェクトは、この野心的なアジェンダの最優先事項を表しており、それに続いてインドとの二国間の国境を越えたCBDCベンチャーがあります。

国内および卸売CBDCの概念実証がパイプラインにあり、2024年半ばまでに完了する予定で、国内CBDC作業の主要なパートナーとしてR3がいます。