セルシウス・ネットワーク社、年末までに顧客に返済を開始するための、最終的な裁判所承認を求める

セルシウス・ネットワーク社、年末までに顧客に返済を開始するため

画像引用先:Adobe/Canva

再建計画の承認に関する10月2日の公聴会で、破産した仮想通貨金融業者セルシウス・ネットワーク社は判事に対し、年末までに顧客への返済を開始する意向を伝えました。

Bloombergの報道によると、セルシウス社の回復戦略には、「NewCo」という名前のユーザー所有のビットコインマイニング事業への移行が含まれているといいます。 同社は、2022年6月以来プラットフォーム上で凍結されている資金の一部を顧客に返還する目標を表明しました。

また、セルシウス・ネットワーク社の弁護士Christopher S. Koenig氏は、ニューヨーク州破産公聴会で、チャプター11を経て再編された会社が最初の資金として4億5000万ドルを受け取ると述べました。 この資本注入は、投資会社アーリントン・キャピタルが主に支援するファーレンハイトLLCと呼ばれる企業連合から行われ、鉱山事業の管理を任務としています。

セルシウス・ネットワーク社、新社株式の公開に伴い、債権者への一部返済をビットコインとイーサリアムで計画


セルシウス・ネットワーク社、新社株式の公開に伴い、債権者へ

画像引用先:Stretto.com

9月29日の提出書類によると、セルシウス・ネットワーク社は20億3000万ドル相当のビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を使って債権者に一部返済するとともに、新会社の株式を売り出す予定だといいます。 顧客はまた、詐欺罪に問われている共同創業者兼元CEOのAlex Mashinsky氏を含む元幹部らに対する法的訴訟の権利も得ることになります。

ただし、この先には潜在的なハードルも存在。 Martin Glenn判事は、現在セルシウス社の計画を評価しています。 圧倒的多数の賛成票を獲得したにもかかわらず、凍結された資金を持つ一部の債権者やランタン・ベンチャーズの関連会社から異議を申し立てられていると伝えられています。 彼らは、この新規事業は過大評価されていると主張。 さらに、この計画にはセキュリティ規制当局からの許可も必要となります。

セルシウス計画が最終的に承認されれば、2022年に破綻した仮想通貨プラットフォームが連邦破産法第11章で復活する初の事例の1つとなるでしょう。 セルシウス社の顧客は、Terra/Lunaエコシステムの崩壊を受けて、同社が2022年6月に出金を停止して以来、回復を心待ちにしてきました。

債権者の圧倒的な承認の一方で、セルシウス社の破産計画に反対が起きる


セルシウス社の破産計画には、特に米国管財人から異論が出ています。破産請求のほとんどの区分は98%以上の賛成票によって再編成が可決され、アリントン・キャピタルとマイナーのU.S. ビットコイン・コーポレーションを含む暗号コンソーシアム、ファーレンハイト・ホールディングスへの資産売却も行われることに。ファーレンハイトは2023年5月、債務超過に陥った金融業者セルシウス・ネットワーク社を買収する入札に勝利しました。

圧倒的な投票は、セルシウス社の破産終結と顧客への資金返還に向けた新たな一歩を示すものとなりました。 同社は仮想通貨冬が到来する中、昨年7月に破産を申請し、その最高経営責任者Alex Mashinsky氏は2022年9月にCEOを辞任。2023年7月、Mashinsky氏は詐欺容疑とCELトークンの価格操作の容疑で逮捕されたが、本人はこれについて否定をしています。

Mashinsky氏の逮捕を受け、セルシウス社は詐欺容疑を巡り米国と47億ドルの和解金を締結し、これは再建計画には影響しないと述べました。 その後、Mashinsky氏は4,000万ドルの保釈金を残して釈放され、裁判所は最近になって、彼の銀行資産と不動産資産の凍結を命じました。