CelsiusのMachinsky CEOが破産手続きの進行中に辞任

Ruholamin Haqshanas
| 1 min read
Alex Mashinsky. Source: a video screenshot, Stoic Finance / YouTub

Alex Mashinksy氏は、暗号通貨融資会社の破産手続きが進行する中、Celsius NetworkのCEOの役割を辞任しました。

プレスリリースの中で、Celsiusを設立したMashinksy氏は、CEOとしての彼の継続的な役割は、低迷する会社にとってますます混乱を招くようになったため、辞任することを決定したと述べています。

「Celsius Network Ltdの取締役を除き、同社の直接および間接子会社の取締役およびその他の役職を辞退します」と、同社の取締役会に提出された辞表の文面には書かれています。

辞任したにもかかわらず、Mashinksy氏は、Celsius社およびそのアドバイザーと協力して、再建を成功させるために引き続き協力する用意があるとしています。また、彼はCelsiusの関係者に一致団結して、最良の再建を実現するよう諭しました。

「Celsiusが団結し、UCCが最善の再建策を講じるのを支援すれば、私たち全員がより多くのものを得られると信じています。私は引き続き、会社やアドバイザーと協力し、再建を成功させるために尽力する所存です」と述べています。

Mashinksy氏の辞任は、7月に連邦破産法第11章の適用を申請し、事業の安定化とすべてのステークホルダーにとっての価値の最大化を目指して自主的に再建を図ったCelsiusの最新の動向です。

米国連邦破産裁判所への提出書類において、本件に関与する無審査債権者委員会(UCC)は、彼の辞任を歓迎し、同社の最高財務責任者であるChris Ferraro氏が、最高再建責任者および暫定CEOを務めると発表しました。

「本日の発表は、債務者、委員会、その他すべての関係者が、迅速かつ効率的な方法でこれらの案件を進めることに集中できるようにするための前向きなステップである」と、申請書は表明しています。

Celsiusの破産騒動

過去数ヶ月、Mashinksy氏は暗号通貨会社のクラッシュに重要な役割を果たしたと非難されています。CNBCは、複数の従業員と同社のリークされた内部文書が、市場の混乱の始まりに伴う5月の崩壊の前に、リスクテイク、無秩序、および市場操作の疑いのある絵を描いたと報じました。  

報告書によると、セルシオは高い利回りを約束して利用者を集め、より高い利回りを支払うことを望むヘッジファンドに資金を貸し付け、非常に小さなコンプライアンスチームとほとんどリスク管理なしにこれを行なっていたといいます。5月の時点で、Celsiusはクライアントへの融資額が80億ドル以上、運用資産額が120億ドル近くあり、暗号通貨融資の分野では最大手の1つでした。

一方、Celsiusは苦戦している唯一の暗号通貨会社ではありません。その他、暗号通貨レンディングのBlockFi、Voyager Digital、そして暗号通貨ヘッジファンドの3ACなど、例を挙げるときりがありません。