猫をテーマとした最新ミームコインKai Cat(KAI)は次の100倍銘柄になれるか?

Naoki Saito
| 2 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

猫コインとして期待されるKaiCat

暗号資産(仮想通貨)市場は今、犬をテーマにしたミームコインが大流行しています。

しかし、誕生したコインのほとんどが、ドージコイン(DOGE)、柴犬(SHIB)などの有名なミームコインの複製でした。

激戦の中で投資家の注意を引く施策を打つ必要があるため、この犬系ミームコインのトレンドはそう長くは続かないであろうと思われます。

その中で、Kai Kat(KAI)がプレセール開始早々に10万ドルを調達しました。これは、猫のコインが新しい市場を切り開いていることを示唆していると考えられています。

ミームコインとAIの融合


KAIのトークン設計

Kai Katは、Cat in a Dogs World(MEW)のような猫コインプロジェクトを参考に、大胆な挑戦でミームコイン市場に参入します。

同プロジェクトの魅力は、創造的なミームコインとAIの融合している点にあります。

そのふわふわで可愛い外観を持ち合わせていることはもちろん、高度なAI機能(AI互換性やステーキングなど)を搭載することで、次の仮想通貨業界で注目を集める可能性があります。

また同トークンは、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンに展開します。

同プロジェクトは、セキュリティ対策にも力を入れており、大手仮想通貨セキュリティ会社であるCoinsultによる監査を受けています。

KAIプレセールでは、初期の投資家に受動的所得の機会を提供し、トークンをより早く賭けることで報酬率も高めることができます。

3つのフェーズで市場を席巻する


ミームコイン市場は現在、大手犬系コインの模造品が市場に溢れ、着々と寿命が短くなっています。

その中でKAIは、戦略的なトークノミクス、ミームコインバトル、AI活用したユーティリティに焦点を当てたエコシステムを構築します。

KAIステーキングの現状

  • フェーズ1:キャットパックと呼ばれる強力なコミュニティを構築します。犬系コインでもコミュニティを中心としたプロジェクトが成功したのように、猫系コインを愛する集団を作ることで強いプロジェクトを構築します。そこでステーキングシステムは、コミュニティの拡大と強化に重要な役割を果たします。
  • フェーズ2:KAIとコミュニティを使ったサイバネティックストリートファイトを公開します。コミュニティは、高度なAI機能を活用し犬系コインと競います。KAIは、CEXおよびDEXへ上場し、時価総額を増やし、ランキング上位を目指します。
  • フェーズ3:本フェーズは、ドージキャッチャーと呼ばれています。この段階で、KAIの時価総額を数十億ドルまで拡大し、ミームコイン上位を席巻することを目指します。

これらの3つのフェーズで、同プロジェクトはミームコイン市場に猫コインの時代をもたらします。

2024年は猫コインの年


猫をテーマにした仮想通貨プロジェクトは2024年、大きな注目を集めています。

MEWは、時価総額4億ドルまで成長しました。執筆時点では、ミームコインランキングで8位にランクインしています。

猫系コインの代表格MEW

その中でKAIは、2024年のもっとも創造的な猫コインの1つとして注目されています。

AI機能、受動的所得の機会、野心的なロードマップを提供することで、2024年のミームコインへの熱狂を引っ張る立場となるでしょう。

KAIプレセールは割引価格とステーキング報酬を提供


KAIプレセール参加方法

KAIプレセールは、すでにスタートしています。

ここでは、割引価格でKAIトークンを購入することができます。また、早期でステーキングにかけることで、高ステーキング報酬を獲得することもできます。

同トークンは、DEXやCEXなどの取引所へ上場することを予定しているため、投資家は早期購入に動いています。

KAIが2024年、ミームコインランキングトップ3に浮上し、次の100倍銘柄になることができるかどうかは分かりません。

しかし、堅牢なユーティリティと投機的な基盤で市場に参入してくる有望株であることは間違いありません。

プロジェクトの詳細は、ホワイトペーパーから確認できます。

また、プレセールの最新情報は、X(旧Twitter)等で確認しながら参加を進めましょう。