“良い気分ではなかった” – Caroline Ellison氏はSBF裁判で説得力のある証言を続ける

Yamada
| 3 min read

adobestock

元Alameda ResearchのCEOであるCaroline Ellison氏は、火曜日にマンハッタン連邦裁判所でFTX創設者のSam Bankman-Fried氏に対して力強い証言を続けました。

証言台に立ったEllison氏は、Bankman-Fried氏を「非常に野心的な」リスクテイカーと描写し、彼自身の理想のために顧客の資金を危険にさらすことを厭わない人物と述べました。

Bankman-Fried氏の元恋人であるEllison氏は、Bankman-Fried氏が「世界を二倍良くする」ことができる一方で、「世界を破壊する」という選択肢を持つコインを投げることを厭わないと彼が言及したことを思い出したと述べました。

さらに、Ellison氏はBankman-Fried氏が「アメリカ合衆国の大統領になる可能性が5%ある」と言っていたことを振り返りました。

Bankman-Fried氏、Ellison氏に対して顧客の資金を“借りる”よう要求


Ellison氏は、Bankman-Fried氏がFTXから顧客の資金を「借りる」よう指示し、それをAlameda Researchに分配するよう指示したと主張。これは、同社がローンの調達に苦労していた時期のことです。

「(Bankman-Fried氏は)FTXは価値の良い源になるだろうと言った」とEllison氏は述べました。

2019年にFTXの主要なデジタルトークンであるFTTが作成された際、Alamedaはその主要な保有者となったことで、借入の状況が改善しました。そこからBankman-Fried氏はEllison氏に指示して、FTTをAlameda Researchの貸借対照表に記載。同社が意図的にFTTを購入してその価値を維持する一方で、さらにローンを取得しました。

「それを貸借対照表に載せるのは多少誤解を招くもので、それだけの額で売ることはできなかった」とEllison氏は指摘しました。

「私たちはそれを公然と議論しないように非常に慎重であることが多かった」とEllison氏はコメントしました。

ある状況では、Ellison氏はBankman-Fried氏がFTXの香港オフィスでAlameda ResearchとFTTの間の不正な関係についてもっと慎重に話さなかったことで彼女に怒ったことを思い出しました。Ellison氏によれば、その後Bankman-Fried氏は彼女に「これらの会話は私たちの間で保持するように」と言ったといいます。

Ellison氏:“私は常に最終的にはSamに従ってた”


Ellison氏は、クリプトヘッジファンドでトレーダーとしてのキャリアをスタートし、2021年にBankman-Fried氏から同社の共同CEOになるよう頼まれました。しかし、Ellison氏は「それほど経験がなかった」と感じており、圧倒されることが多かったと述べています。

「私は常に最終的にはSamに従っていました」と彼女は語っています。

さらに、2018年にBankman-Fried氏との間に性的な関係が始まり、2020年までに2人は交際を開始。しかし、彼らは2021年に一度別れ、その後同年に復縁しました。

Ellison氏はBankman-Fried氏との関係に「もっと求めていた」と感じていたと指摘し、「彼は『遠く』感じられ、彼が自分に『注意を払っていない』と感じることがあった」と述べています。さらに、Ellison氏はBankman-Fried氏が彼らの関係を相対的に公にしないようにしたがっていたとも主張しています。これらの感情は最終的に2022年の彼らの最終的な破局に寄与しました。

一方で、Ellison氏はAlameda ResearchがFTXの顧客資金を使用することに対して懸念を抱き、「これはリスクだ」と語っています。

「FTXは、安全で信頼性が高く、厳密に規制された取引所として自己をアピールしていました」と、元Alameda CEOは述べ、「私はそこに多額の資金を預けることに不安を感じることがありました…」

Alamedaの無制限の無制限信用枠、顧客資金で買ったRobinhood株: “いい気はしなかった”


Ellison氏は、投資家を引き込むためにBankman-Fried氏が要求した監査が、Alameda Researchの見かけ上「無制限」のクレジットラインを明らかにするかどうか疑問に思ったとき、FTX創設者は彼女を他方向に保証したと述べました。

「心配するな、監査人たちはそれを調べないだろう」とBankman-Fried氏は言ったとされます。

Ellison氏によれば、Bankman-Fried氏はこれらの顧客資金をいくつかの政治寄付に使い、「影響力と認識」のために「比較的小さな額」を寄付できると述べたといいます。同様に重要なこととして、現在は不名誉なFTX創設者は、これらの資金を2億ドルのベンチャー投資、FTX Venturesに使いました。

また、Bankman-Fried氏は、Alameda Researchによって完全に支払われたRobinhood Marketsから約6億5000万ドル相当の株式を購入。しかし、Bankman-Fried氏は公に開示することを避けるために、株式を別のアカウントに移動しました。

「私はそれに対して良い気持ちではなかった」とEllison氏は述べました。

現在、Ellison氏はすべて有罪を認めた7つの異なる詐欺の罪で、最大110年の刑期に直面しています。彼女は減刑を望んで米国政府との協力合意の下で証言しており、明日証人席に戻る予定です。

Bankman-Fried氏が自分を弁護して証言するかどうかはまだ不明です。