【初心者ガイド】Love Hate Inuトークンの買い方

Yamada
| 10 min read

Love Hate Inu

免責事項:Industry Talkセクションは、仮想通貨業界のプレーヤーによる洞察を掲載しており、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。

2023年、仮想通貨市場は立ち直り、多くの新しいエキサイティングなプロジェクトが登場しています。すでに投資家の注目を集めているプロジェクトの1つが、Love Hate Inuです。Love Hate Inuは、保有者が長期にわたって定期的な収入を得ることができるという、まったく新しいタイプの投票制ミームコインです。

このガイドでは、プリセールを通じてLove Hate Inuトークンを大幅な割引価格で購入する方法について解説します。また、プロジェクトの詳細なレビューを紹介し、投資家がLHINUを早めにかっておこうと騒いでいる訳にも触れていきます。

Love Hate Inuとは?


Love Hate Inuは、ユーザーが投票に参加し、報酬を得ることができる全く新しいミームコインプロジェクトです。その革新的な「Vote-to-Earn」(V2E)メカニズムにより、ユーザーは話題になっているトピックについて意見を述べるだけで、定期的な収益を得ることができます。

テーマは、「TateInuについてどう思うか」から「ElonInuのビジョンに賛成か」まで、多岐にわたります。
Love Hate Inuのプラットフォームはイーサリアム・ネットワーク上に構築されており、すべての投票エントリーがブロックチェーン上に記録されることを意味します。

これによって透明性と安全性を向上させ、より信頼性の高い投票結果を導くという、Love Hate Inuのセールスポイントの一つです。

Love Hate Inuの投票

Love Hate Inuのホワイトペーパーにあるように、オンラインソフトウェア調査市場は、2027年までに56.9億ドルの価値になると予想されています。これは、ユーザーフレンドリーかつ満足感のある方法で、Love Hate Inuがこの市場のキープレイヤーとしての地位を確固たるものにする大きなチャンスとなります。

この新しい仮想通貨には、ユーザーと企業の両方にとって数え切れないほどの応用方法があります。例えば、企業はLove Hate Inuで投票を行い、新製品の発売に対するコミュニティの意向を確認することができます。

今後、Love Hate Inuのチームは、有力企業とのブランドディールを展開していき、ユーザーの投票意欲をより一層高めることを目指しています。

Love Hate InuのTRUMPの投票

このガイドの後半で、「Love Hate Inu」プロジェクトの複雑な仕組みについて解説しますが、今はまだプリセールの段階であるということに注目してください。

仮想通貨のプレセールは、プロジェクトが資金を調達し、トークン発売前に中央集権型取引所(CEX)での勢いをつけるための優れた方法であり、Love Hate Inuのチームはまさにこれを実行しようとしています。

Love Hate Inuのプリセールは2023年3月7日に開始され、執筆時点ですでに555,000ドル以上の資金を獲得しています。プリセールで提供される大幅な割引価格がこれを実現しており、プロジェクトがどれだけ注目されているかを表しています。

このプリセールの詳細を知りたい方やLove Hate Inuのコミュニティに参加したい方は、LHINUの公式Telegramチャンネルにご参加ください。

Love Hate Inuの購入方法


前述の通り、Love Hate Inuは現在プリセールの段階に入っています。本稿執筆時点では、LHINU1枚の価格はわずか0.000085ドルです。興味深いことに、これは開発者が予想していた上場価格よりも70%低く、早期投資家は割引価格で参加できることになります。

ただし、この価格はステージ1の間だけで、ステージ毎に価格が上昇します。これは、投資家が最低限のエントリーポイントを得るために、できるだけ早くLove Hate Inuトークンを購入するための明確なインセンティブを提供します。

その点を考慮しつつ、LHINUを購入するために必要な5つのステップを以下に紹介します。

ステップ1:仮想通貨ウォレットを設定する

投資家は最初に仮想通貨ウォレットのセットアップを行う必要があります。仮想通貨ウォレットは仮想通貨を安全に保管するために設計されているため、LHINUを購入後に保有するためにはウォレットが必要です。

数多くのウォレットプロバイダーがありますが、Love Hate InuのチームはMetaMask(デスクトップユーザー)またはTrust Wallet(モバイルユーザー)を推奨しています(どちらもERC-20トークンをサポートしています)。

仮想通貨ウォレットのアプリ

例えば、MetaMaskを使いたい人は、公式サイトに向かい、「ダウンロード」をクリックします。使用するOSを選択し、説明に従ってパスワードの作成とウォレットの設定を行います。

ステップ2:ETHまたはUSDTを取得する

Love Hate Inuのプリセールプラットフォームは、イーサリアム(ETH)またはテザー(USDT)のいずれかでの購入が可能です。これらの仮想通貨はどちらも大手取引所で簡単に入手できます。トークンの購入が完了したら、ステップ1で作成した仮想通貨ウォレットにトークンを移します。

また、Love Hate Inuのチームは、プリセールプラットフォームに便利なウィジェットを組み込み、ユーザーがクレジットカードもしくはデビットカードを使ってLHINUトークンを購入できるようにしました。ただし、このウィジェットはWertデジタル決済ソリューションが提供されているため、追加手数料がかかります。

ステップ3 : ウォレットをプリセールプラットフォームにリンクさせる

まずは、Love Hate Inuのウェブサイトに移動し、「Buy Now」をクリックします。ポップアップボックスで、関連するウォレットプロバイダーを選択し、画面の説明に従って、仮想通貨ウォレットをプリセールプラットフォームにリンクさせます。

METAMASKとWALLET CONNECT

ステップ4:LHINUトークンを購入する

その後、画面上に注文ボックスが表示され、使用するデジタル通貨(ETHまたはUSDT)とLHINUトークンの購入数を決定することができます。

最低購入数は10LHINUで0.00085ドルに相当します。

ステップ5:LHINUトークンを請求する

Love Hate Inuのプレセールが終了すると、購入したLHINUトークンを公式サイトから請求することができます。権利確定期間はないので、すべてのトークンはすぐに利用可能になります。

Love Hate Inuに迫る


Love Hate Inuトークンの購入方法について説明しましたが、このプロジェクトがどのようなものなのか、より詳しく見ていきましょう。最もポテンシャルの高い仮想通貨の1つとして、Love Hate Inuは3月にローンチしたばかりですが、すでに大きな注目を集めています。

Love Hate Inuは、その名前が示すように、ドージコインや柴犬コイン(SHIB)のような「ミームコイン」の過去の成功を利用しています。しかし、多くの投資家が知っているように、これらのコインは現実世界での実用性に欠けるため、苦境に立たされています。Love Hate Inuのチームは、この問題を解決することを目的としています。

Love Hate Inuの投票

Love Hate Inuの実用性は、Ethereumベースのプラットフォームに組み込まれた独自の投票システムを中心に展開されます。このプラットフォームを使って、ユーザーは特定のイベントや人物を「好き(Love)」か「嫌い(Hate)」かを表示することができます。このようなアプローチにより、Love Hate Inuは、健全な議論を促進する安全で偏見のない環境を作ることを目指しています。

投票プロセスはブロックチェーン上でホストされるため、すべての回答は匿名かつ不変です。これは、投票結果が正確であり、悪意のある者の影響がないことを保証するのに役立つ重要な特性です。その結果、Love Hate Inuは、知名度の高いブランドと提携してスポンサー付き投票を実施し、投票者にさらなる報酬の機会を提供できる絶好のポジションにいるのです。

Love Hate Inuのロードマップによると、開発チームは将来的に機能を強化するための興味深い計画を立てています。パートナーシップ契約、取引所リスト、ユーザーが作成した投票、スポンサー報酬、そしてメタバースとの統合など、さまざまな計画が予定されています。

Presale Start Date March 7, 2023
Accepted Payment Methods ETH, USDT, Credit/Debit Card
Blockchain Ethereum
Minimum Investment 10 LHINU
Maximum Investment N/A

トークン – Love Hate Inuのプラットフォームの燃料


Love Hate Inuのエコシステムの中心はLHINUで、このプロジェクトのネイティブERC-20トークンです。LHINUは、Love Hate Inuの「Vote-to-Earn」(V2E)メカニズムの根幹であることから、ブルランのトップ仮想通貨コインの1つになると多くの人が考えています。

このメカニズムは、ユーザーが投票に参加するだけでLHINUトークンを無料で獲得できるため、このプロジェクトの大きなセールスポイントの一つとなっています。そのメカニズムは次の通りです。

  • ユーザーがLHINUトークンを購入する
  • ユーザーがLHINUトークンを最低30日以上プラットフォームでステークする
  • 30日間を過ぎると、ユーザーはLove Hate Inuの投票に参加することができる
  • ユーザーは投票の報酬としてLHINUトークンを追加で獲得することができる

ユーザーが獲得できるトークンの数は、参加した投票の数、参加した投票の種類、LHINUトークンをステークした期間など、いくつかの要因によって決まります。LHINUと並んで、開発チームは、NFT、NFT割引、商品など、ブランド主催の投票に追加の報酬を提供することも考えています。

Love Hate Inuのトークン分配比率

LHINUトークンの総供給量は1,000億となる予定です。これらのトークンのうち、90%(900億)はプレセール段階に割り当てられ、10%(100億)は流動性の維持、取引所上場、コミュニティ報酬に使用される予定です。重要なのは、LHINUには権利確定期間がないことです。つまり、トークンはすぐにアンロックされ、売却にも制限がかかりません。

開発チームはすでにトークンをCEXやDEXに上場することを計画しているため、LHINUが次にブームになる仮想通貨と考えられています。そのため、上場時にトークン価格が上昇した場合、投資家は保有するLHINUを好きなように使うことができるようになります。

Love Hate Inuは良い投資先か?重要なポイント


Love Hate Inuはすでに仮想通貨市場のあらゆる場所から大きな注目を集めていますが、これはなぜでしょうか?Love Hate Inuが投資に適している理由をいくつか見ていきましょう。

定期収入の可能性

前述の通り、「Love Hate Inu’」の最大の魅力は「Vote-to-Earn(V2E)」の仕組みにあります。この仕組みは、ユーザーが参加できる投票数に制限がないため、収入を得られる可能性が無限に広がります。また、参加期間が長ければ長いほど、その収入は大きくなります。

Love Hate Inuのアプローチは、イールドファーミングのような他の収入源となるサービスに代わる興味深いものです。CelsiusやFTXの破綻を受け、これらのサービスは最近非難を浴びていますが、Love Hate Inuにはその心配はありません。

爆発的な価格上昇の可能性

前述のポイントに加え、爆発的に価格が上昇する可能性も秘めています。LHINUが取引所に上場されれば、すべての仮想通貨投資家が簡単にアクセスできるようになります。そのため、LHINUの注目度は大きく、より多くの人が投資する可能性があります。

当然ながら、需要と供給の法則に従い、LHINUを購入する人が多ければ多いほど、価格は上昇することになります。投票プロセスを通じてトークンを獲得したLove Hate Inuのユーザーは時間の経過とともにこのトークンの価値がさらに上昇するのを見ることが出来るので、このメリットは非常に大きいです。

Love Hate Inuのスケジュール

トレンドに対する感情を測定するユニークな方法

Love Hate Inuは、特定のトピックに対するコミュニティの感情を測定するユニークな方法であるため、購入すべきアルトコインの1つになり得ると多くの人が考えています。ユーザーは投票前に保有しているLHINUをステークする必要があるため、ボットや詐欺アカウントが結果に影響を与える可能性を排除することができます。

その結果、より正確な結果を得ることができるようになりました。さらに、開発チームやLove Hate Inuのユーザー自身が作成した投票企画も常に開催されます。そのため、常にV2Eメカニズムによって収入を得る機会があります。

ディベートや健全な討論の活性化

最後に、Love Hate Inuは、議論や討論のための強固な基礎を提供します。TwitterやRedditのようなプラットフォームは、主に特定の政治的偏見を過度に助長しているという理由で、多くの非難を浴びています。

Love Hate Inuでは、このような心配は無用です。このプラットフォームでは、誰もが平等だと考えられているからです。そのため、ユーザーは投票に参加したり、投票の中心に関連する議論に参加したりすることができ、健全な議論が自然に行われるようになっています。

Love Hate Inuのプライスアクション


前述の通り、Love Hate Inuはまだプレセールの段階であり、トークンが公表されていないことを意味します。これらのトークンは、ETH、USDT、またはクレジット/デビットカードを使用してLove Hate Inuのウェブサイトを通じてのみ購入することができます。

本稿執筆時点では、プリセールのステージ1が進行中で、投資家はわずか0.000085ドルでLove Hate Inuトークンを購入できます。これは、開発チームがプリセールを8ステージ設定しているため、トークンが利用可能になる最低価格となります。

Love Hate InuのCR7の投票

これは基本的に、各ステージが終了した時点でトークン価格が上昇することを意味します。例えば、ステージ1では、112.5億LHINUトークンが割り当てられています。これが請求されると、プリセールはステージ2に移行し、トークン価格は0.000090ドル(5.88%増)に上昇することになります。

ステージ8が最終ステージとなり、LHINUトークンの価格は0.000145ドルとなる予定です。これはステージ1から70.5%の上昇なので、投資家はできるだけ早く参加したいと考えます。

多くの新しい仮想通貨のローンチと同様に、Love Hate Inuのプリセールには、調達可能な最大金額であるハードキャップが設定されます。このハードキャップは1,000万ドル強に設定されており、Love Hate Inuを成功させるために必要な資本を提供します。

Love Hate Inuの価格予想

Love Hate Inuは今年最高の仮想通貨ICOの1つになる可能性が高いので、多くの投資家がトークンの価格の見通しについて知りたがっています。しかし、プロジェクトがまだプレセールの段階であるため、正確なLove Hate Inuの価格予測をすることは困難です。

しかし、LHINUの価格が上場後にどのように反応するかについては、類似のプロジェクトから予測することができます。Tamadogeはその好例で、このプロジェクトもプリセール段階を経て開始されたからです。Tamadogeのプレセールは早期に完売し、開発者はTAMAを複数の仮想通貨取引所で発売することになりました。

AMAの価格は発売と同時に急上昇し、プレセールの投資家に3桁のリターンを提供しました。この大幅な価格上昇は、流動性の高さと個人投資家のアクセスのしやすさに起因しています。

最終的にLHINUの投資家は、プレセールが終了し、トークンがCEX/DEXに上場した後、同様の状況が発生することを望んでいるはずです。LHINUがどのような価格になるかを知る方法はありませんが、初期投資家は、現在プリセール中の低い購入価格により、潜在的な価値上昇から利益を得るための最適な立場にいます。

まとめ


要約すると、この記事では、Love Hate Inuトークンの購入方法について知っておくべきことをすべて解説した後、このプロジェクトが一体何なのか、なぜ投資コミュニティで高く評価されているのかについて説明しました。

Love Hate Inuのプリセールは現在進行中で、初期投資家はLHINUトークンをかなりの割引価格で購入できることになります。トークンは、第1ステージの間、わずか0.000085ドル(利用可能になる最低価格)で購入でき、プリセールが開始されてから1週間足らずで、すでに555,000ドル以上が投資されています。

第1ステージの割り当てが完了すると、第2ステージで価格は大幅に上昇します。Love Hate Inuは、すでに大きな話題となっているため、投資家はできるだけ早く参加することで、将来の潜在的な利益を最大化することができます。

よくある質問

Love Hate Inuトークンはどうやって購入できますか?

Love Hate Inuはプレセールの段階にあり、トークンは公式サイトを通じてのみ購入できることを意味します。仮想通貨ウォレットを設定し、ETHまたはUSDTを購入し、デジタル通貨を使用してLHINUを購入する必要があります。

Love Hate Inuの価格は?

本稿執筆時点のLove Hate Inuの価格は$0.000085(第1ステージ)です。ただし、このトークン価格はステージ毎に上昇し、全部で8つのステージが予定されています。

Love Hate Inuは良い投資先ですか?

多くの投資家は、Love Hate Inuが良い投資先だと考えています。それは、このプロジェクトの革新的な「Vote-to-Earn」(V2E)メカニズムがあるからです。このメカニズムにより、投資家は投票に参加するだけでトークンを無料で受け取ることができ、定期的な収入源となる明確なルートが提供されています。

Love Hate Inuトークンの総供給量は?

Love Hate Inuトークンの総供給量は1,000億です。開発者は、これらのトークンの90%(900億LHINU)をプリセールフェーズに充当しています。残りの10%(100億LHINU)は、流動性の維持、取引所上場への資金提供、コミュニティ報酬の提供に使用される予定です。