ブラジルサッカーの強豪São Paulo FC(サンパウロFC)、ファンがビットコインや暗号通貨を使ってチケットを購入可能に

Tim Alper
| 1 min read
Source: A screenshot, Instagram/saopaulofc

 

ブラジルと世界のサッカーの両方で最大のクラブの一つであるサンパウロFCは、試合のチケットのためにビットコイン(BTC)とアルトコインの支払いを受け入れるブラジル初のチームとなることで歴史を作りました。

既報の通り、クラブは先月末、メキシコの暗号通貨取引所Bitsoのブラジル部門と契約を結び、このプログラムを開始すると発表しました。その後者は1月にクラブのスポンサーのひとつとなり、両者は3年間のパートナーシップ契約を結びましたが、5月下旬にその関係を次の段階に進めることを決定しました。

この契約により、ファンはBitsoが提供するインターフェースを使って、BTCやその他のコインを使い、モルンビ・スタジアムで行われる試合のホームチケットを購入することができるようになりました。BTCだけでなく、ファンはdogecoin(DOGE)shiba inu(SHIB)bitcoin cash(BCH)ethereum(ETH)wrapped bitcoin(WBTC)litecoin(LTC)DAIを含めた5つのUSD-backed stablecoinsで支払うことができます。

crypto pay programは現在、公式ファンクラブ会員のみ利用可能で、クラブは会員のTwitterアカウントで明らかにしたが、近い将来、一般人もBitsoの支払いオプションを利用できるようになると、複数のメディアは報じています。

ブラジルで初めて暗号資産を使用してチケットを購入したファンの身元は、Fábio Gloeden Brumというサポーターであることが明らかになりました。後者はビットコインを使用して試合のチケットを購入し、MarcaはGloeden Brum氏が記念品としてサンパウロFCの公式NFTを授与されたと報じました

Bitsoは、ファンが「暗号通貨で」チケットを購入できるようにすることが「クラブとの提携当初からの主要目標の1つ」であると述べ、São Paulo FCは、この動きはチームがブラジルのサッカー界における「革新の最前線」にいることを証明すると主張しています。
____
詳しくはこちら: 
10 Brazilian Business Giants That Have Taken the Bitcoin, Crypto Plunge
Brazil in Bitcoin Adoption Drive: Blockchain.com’s Expansion, Miners’ Tax Break, Real Estate Firm’s BTC Choice

Chelsea Secures First Crypto Shirt Sponsor in USD 24M Deal
Liverpool FC Mull Bid to Ditch TradFi for Crypto Firm in Shirt Sponsorship Deal