BlockFiクライアント、破産計画の発効に伴い出金リクエストを提出可能へ

blockfi-v

画像引用先:Pixabay

米国に拠点を置く暗号通貨貸付会社のBlockFiが破産から脱し、クライアントが資産の引き出しを開始するプロセスが可能になりました。

この発展は、FTXの壊滅的な崩壊によって引き起こされた暗号通貨産業の混乱にBlockFiが巻き込まれてからほぼ11ヶ月後のことです。

BlockFiの破産計画が発効


BlockFiは、事業の清算を進め、顧客に暗号通貨資産を返還すると発表しました。

さらに、先月裁判所で承認された破産計画に記載されている通り、FTXやThree Arrows Capitalを含む他の暗号通貨企業の破産を通じて追加の支払いを積極的に追求しています。

これらの訴訟の結果は、BlockFiが財務安定を回復しようとする中で、クライアントの回収に大きな影響を与える可能性があります。

同社は最近の裁判所への提出書類で、利息付きEarnアカウントを持つ顧客がアカウント内の価値の39.4%から100%を回収できると推定し、影響を受けた人々にある程度の楽観主義を提供しています。

BlockFiの最初の破産申請は2022年11月に行われ、その崩壊に寄与した要因の一つとしてFTXの姉妹会社であるAlamedaへの貸付を指摘していました。

一方で、FTXの創設者であるSam Bankman-Fried氏は、現在マンハッタンで詐欺の罪で裁判を受けており、進行中の状況にさらなる複雑さを加えています。

BlockFiクライアント、出金リクエストを提出可能に


現在、BlockFiのWalletの顧客のほとんど全員が資金の引き出しを利用できる一方で、BlockFi Interest AccountsおよびRetail Loansを持つ顧客は、今後数か月以内に返済を受けることが予想されます。

しかし、受け取る金額はFTXの破産手続きの結果次第である可能性があります。

BlockFi Walletの顧客の場合、現時点では出金リクエストを提出でき、出金の期間は2023年12月31日の23:59 UTCに終了します。