BlockFi CEOのZac Prince氏、SBF裁判でFTXとAlamedaの破産を非難

SBF裁判でFTXとAlamedaの破産を非難

Bankman-Fried氏に対する連邦刑事訴訟は金曜日、BlockFi創設者兼最高経営責任者(CEO)のZac Prince氏の魅力的な証言で第2週の幕を閉じました。

Prince氏は、BlockFi社が2021年初めにFTXへの融資を開始し、Bankman-Fried氏の命令で今年後半に破綻した仮想通貨取引所の借入を増やしたと主張。

また、Prince氏はBankman-Fried氏を「良い借り手」と呼び、この決定に関してBlockFi社のリスク管理チームに反発したことを明らかにしました。 2022年半ばにTerraが破綻し、仮想通貨市場が低迷したとき、BlockFiはこれらの融資を回収しています。

FTXがBlockFiの低下を引き起こした


FTXが2022年11月に破産を申請したとき、BlockFiへの融資が返済不能になったことが明らかになりました。 同月後半、BlockFiも追随し、最終的に破産を宣告。 Prince氏は、デジタル資産貸し手はBankman-Friedの欺瞞のおかげで、Alameda Researchへの融資6億5000万ドルと顧客資金3億5000万ドルからなる「10億ドル以上」を失ったと推定しています。

Prince氏の暴露は、検察の注目の証人であるAlameda Research元最高経営責任者Caroline Ellison氏による大きな証言の翌日に行われた。 同氏は証言の中で、顧客の資金を悪用したFTXとAlamedaが投資家に「リスクが低い」ように見せるために、7種類の貸借対照表を改ざんしたことを認めました。そして、最終的にBankman-Fried氏は、最良と考えるものを選択しました。

Prince氏は続けて、もしAlameda社が実際に陥っていた財務上の混乱を明らかにする事実の貸借対照表が提示されていれば、BlockFiは「おそらくまったく融資しなかっただろう」と述べました。

弁護側の反撃


弁護側は冒頭陳述で、Bankman-Fried氏が「操縦しながら飛行機を製造していた」と主張。 今日、弁護側はPrince氏自身が仮想通貨企業のCEOを務めたことがあるかどうかを尋ねる反対尋問で、Prince氏を押し返しました(そして、彼にはその経験はないです)。 弁護側はBankman-Fried氏の経験不足と、2010年代後半に仮想通貨がもたらした未知の領域を利用しようとしているようです。

Bankman-Fried氏はPrince氏の証言のある時点で、不支持を示して首を横に振りました。 今週初め、Ellison氏の直接尋問中に同様の行為をしたとして、同氏は懲戒処分を受けました。なお、Bankman-Friedの両親、著名な法学者であるJoseph BankmanとBarbara Friedも出席しました。

今後の展開


来週、検察がどうなるかは不明ですが、月曜日に再び法廷が開かれる際には、FTXの元エンジニアリング部長Nishad Singh氏が証言する可能性があります。Modulo Capitalの共同創設者であり、Bankman-Fried氏とかつて恋愛関係にあったLisa Zhang氏も証言する可能性があります。

Bankman-Fried被告は7つの異なる詐欺容疑で無罪を主張し、現在メトロポリタン拘置所に拘留されています。 一方で、有罪判決が下された場合、Bankman-Fried被告には最長110年の懲役刑が言い渡される可能性があります。