ブロックチェーン企業LBRY、返済不可能な負債を理由に事業を停止

getpaidstock

画像引用先:iStock

ブロックチェーンに基づくファイル共有および支払いネットワークであるLBRYは、運営の終了を発表しました。これは、SEC、同社の法律チーム、およびプライベート債権者に対して「数百万ドル」の負債があることを理由に挙げています。

10月20日、ブロックチェーン企業LBRYはビデオ共有ウェブサイトOdyseeおよびX上で暗号通貨コミュニティに向けて最後のメッセージを発行し、「これが最後の投稿になる」と述べました。そして、会社が共有した感動的なメッセージで、彼らは増大する財政的困難のために事業を続けることができないと認めました。

LBRYは、SECやその法的チーム、およびプライベート債権者に数百万ドルの負債があり、それを返済する能力を失ったことを明らかにしました。

「LBRYは清算されなければならない、他の選択肢はありません。同社は連邦政府に対する判決を失い、数百万ドルの負債を抱え、もはやビジネスを行う決意がなくなりました。」

しかし、LBRYは全ての役員、従業員、および取締役会メンバーが辞任し、現在は法的義務を果たすことに専念していることを明確にしました。また、同社の資産、旗艦アプリケーションであるOdyseeを含む、が現在金融規制当局の監視下に置かれていることも指摘しました。

同社は以前、SECとの法的対立のために事業を停止する意向を表明。これは、2022年11月のSECに有利な裁判所の判決の後、そして2023年7月に最終判決が下され、罰金としてSECに手数料を支払う必要があるとも付け加えられた後のことでした。

予想外の展開として、9月にLBRYが以前の法的挫折に直面した後、規制当局に対して控訴を行ったことが明らかになり、LBRYコミュニティは驚愕しました。そして、 この予期せぬ動きは、特に7月11日の最終判決後のLBRYの以前の声明を考慮すると、方向転換の可能性についての疑問を引き起こしました。

7月の初期判決に続いて、LBRYは公に「裁判所の命令と私たちの約束に従って、LBRY Inc.を完全に解散するために、次の数ヶ月を費やす予定です」と述べていました。しかし、その後の控訴はLBRYの立場の変化を示し、コミュニティ内で推測と好奇心を引き起こしました。

LBRYに対するSEC訴訟:産業上の脅威と法的勝利


2021年3月、SECはLBRYに対して訴訟を起こし、2016年から2020年にかけて、機関投資家やプラットフォームユーザーを含む未登録証券の販売を行ったとして同社を非難しました。

SECの訴訟では、LBRY Creditトークン(LBC)が1933年証券法の下で証券として資格があるとも主張しています。SECは、2018年5月に調査を開始し、3年間にわたってブロックチェーンベースの出版プラットフォームを調査していました。

これに対し、LBRYはSECの苦情に対抗し、これが暗号通貨業界全体に重大な脅威をもたらすと主張しました。なぜなら、ほとんどのトークンが証券として分類される可能性があるからです。

SECは2022年11月に訴訟に勝利し、裁判長もLBC(LBRYクレジット)が実際に証券であるとの判断を下しました。

もともと、SECは合計4400万ドルの罰金を要求していましたが、これは民事罰金と没収金とを均等に分割したもので、LBCのさらなる販売を停止するための裁判所命令も求めていました。

しかし、LBRYが2200万ドルの罰金を支払うことができないと認識して、SECは後にLBRYの財政的困難とほぼ破産状態を引き合いに出して、罰金を111,614ドルに減額するよう裁判所に求めました。

一方、XRPの弁護士であるJohn Deaton氏は、LBRYのような小さなアメリカ企業に対するSECの行動を批判し、詐欺や誤解を招く証拠がないにもかかわらず、財政的困難を引き起こしたと指摘。

さらに彼は、LBRYの事件を全国の法科大学院のカリキュラムに組み込むことの重要性を強調しました。これは、Howeyテストを現代のブロックチェーンおよび暗号通貨技術に適用するための関連性だけでなく、SECによる規制の超過を浮き彫りにするケーススタディとしても大切です。

規制への挑戦と閉鎖発表の最中、暗号通貨コミュニティがLBRYを支援するために結集


LBRYの困難な状況を背景にしても、暗号通貨コミュニティの抱えるレジリエンス(回復力)と団結心は明らかです。OdyseeやLBRYのオープンソース・ブロックチェーンネットワークへの強いコミットメントとサポートを示すコミュニティメンバーの反応は、テクノロジーとデジタル通貨領域における協力と忠誠の精神を反映しています。

個々のユーザーからの感謝や賞賛のメッセージは、LBRYチームが直面している法的・財政的困難を乗り越えようとする彼らの努力を称えるものです。ユーザー「Steve」のLBRYへの感謝、そして「Archerships」がLBRYのネットワークを利用可能な最も価値のあるブロックチェーンベースのプラットフォームの1つとして賞賛するコメントなどは、コミュニティがプロジェクトに対して持っている深い尊敬の念を示しています。

加えて、「Dome」という名前のユーザーからの励ましの言葉や、Rippleの最高技術責任者であるDavid Schwarz氏がLBRYの状況に対して失望を表現するGIFを共有するなど、業界の他のメンバーからのサポートも示されています。

LBRYの元CEOであるJeremy Kauffman氏が、暗号通貨業界での8年間の存在について振り返る中で、「幸せな結末ではなかったが、幸せな旅だった」と述べたことは、挑戦の中でさえも、チームがそのミッションとコミュニティに対する情熱を失っていないことを示しています。

このような支援と団結は、特に規制当局との対立や市場の不確実性がある中で、ブロックチェーンと暗号通貨の分野で革新と成長を続けるために不可欠でしょう。