ビットスタンプ、コミュニティからの大きな反発を受け、非アクティブ料金を廃止

Ruholamin Haqshanas
| 1 min read
Source: AdobeStock / pressmaster

 

ルクセンブルクに拠点を置く暗号取引所Bitstampは、コミュニティからの大規模な反発を受け、残高の少ない非アクティブなユーザーに対して月額料金を請求する計画を断念しました。

同取引所は本日、このアイデアを破棄すると発表し、次のように述べています。

“コミュニティの反応に耳を傾けた後、我々は方針を変更しました。非稼働手数料は発生しません。”

Bitstampは先週、8月1日から、残高が200ユーロ以下の米国以外の顧客に対して、過去12ヶ月間アクティブでなかった場合、毎月10ユーロの手数料を請求すると発表していました。

この活動停止料金には、コミュニティメンバーから批判が相次ぎました。

「これはとても残念なことだ、BitStamp。本当に情けない。最低保有者の口座残高の約5%を請求して、取引や出資を “強制 “させるなんて!!?これは法的にどうなんだ」と、ある人気ツイッターユーザーは質問しました。


「非活動費なんて、今まで見た中で一番ダサい」と別のユーザーは言い、このプラットフォームの使用をやめるとも主張しています。

とはいえ、最近コミュニティからの反発を受けて、暗号サービスが軌道修正を余儀なくされた例はこれだけではありません。

6月中旬、ソラナ(SOL)ベースの借入・貸付サービスSolendは、暗号コミュニティがこの考えを批判し、暗号の「分散型」の性質に反すると指摘した後、プロトコル最大のアカウントを引き継ぐ計画を破棄しなければなりませんでした。

____

詳細はこちら: 
Inactivity Fee on Bitstamp
Bitstamp Clarifies Inactivity Fee Policy

Coinbase Ranks Top Among Crypto Exchanges, ‘Oligopoly’ Seen on Horizon
7 in 10 Retail and Institutional Investors Plan to Buy More Crypto, Bitstamp Survey Finds