BitMEXの共同設立者Arthur Hayesが刑務所を免除される

Arthur Hayes. Source: CryptoHayes / Twitter

 

米国では、BitMEXの共同設立者で元CEOのArthur Hayes氏に2年間の執行猶予が言い渡され、最初の6ヶ月間は自宅監禁されることになりました。

報道されているように、ヘイズ氏と他の2人のBitMEX共同設立者ベンジャミン・デロ氏とサミュエル・リード氏は、取引所でのマネーロンダリング防止プログラムの確立、実施、維持に故意に失敗し、銀行秘密法違反の罪を認めました。彼らはそれぞれ個別に1000万米ドルの刑事罰の支払いに同意しました。

ヘイズ氏が刑務所から出られないようにすることは、「ビジネスを行うためのコストは単なる罰金であり、彼は巨額の法律違反を続け、どんな罰金でも支払うことができるというメッセージを送ることになる」と、マンハッタンのジョン・ケルトル連邦地方判事が判決を言い渡す前に、サミュエル・レイモンド米国弁護士補が述べたと、ブルームバーグは伝えています。 

ヘイズの弁護士であるジェームズ・ベンジャミンは、検察はこの事件を「彼らが支持しようとする抽象的な原則の国民投票」にしようとしており、米国の政策を正当化するために「非情な判決」を追求したと述べている、といいます。

一方、元CEOは裁判官に対し、BitMEXの対策失敗における自分の役割に「全責任」を負い、「ページをめくって再出発する用意がある」と述べたと伝えられています。

Deloは6月に、Reedは7月に判決を受ける予定です。一方、BitMEXの元ビジネス開発責任者のGregory Dwyer氏は無罪を主張し、10月に裁判が行われる予定とのことです。

____
詳しくはこちら: 
- Ex-BitMEX Chief Arthur Hayes Wants Court to Excuse Him Jail Time
- Arthur Hayes’ ‘Coconut Bribery Comment' Blocked by Judge

- BitMEX's Arthur Hayes Surrendered and Released as Planned
- Hayes Says He Aims to Rebalance Portfolio in Favor of Ethereum, Sets New Price Target for ETH

- As Bitcoin Keeps Tanking, Arthur Hayes Joins Chorus of USD 1M BTC Predictors and Warns of 'The Doom Loop'
- Arthur Hayes Tells Crypto Traders ‘It Pays to Wait,’ Stronger USD Coming