Bitfinexのオーナー、1億5000万ドルの買い戻しで規制面での優位を目指す

Yamada
| 3 min read

Bitfinexのオーナー、1億5000万ドルの買

画像引用先:Adobe/dennizn

Bitfinexが最近直面している規制上の課題に対応して、香港を拠点とする親会社であるiFinex Inc.は、株主から1億5000万ドル相当の株式を買い戻す予定です。これは同社の総発行株式のおよそ9%に相当します。Bloombergが10月10日に報告したこの動きは、iFinexにプライベート取引に対するより大きなコントロールを提供し、所有構造を整理することを目的としています。

9月22日、iFinexは株主に対して、1株当たり10ドルのレートで1500万株を買い戻すという提案を行いました。このイニシアチブは、iFinexの子会社の少なくとも1つからの現金注入に依存し、会社の評価額は17億ドルとなっています。

iFinexが株式買い戻しを行う決定は、近年の好調なパフォーマンスへの戦略的な対応であり、変わりゆく規制環境が提示する課題と機会を航海する決意の証でもあるでしょう。

この自社株買い構想は、BnkToTheFutureを通じてiFinex株を取得した株主にも対応し、比較的流動性の低い投資と言われてきたものから撤退する道を提供します。この動きは、2016年にBitfinexがビットコインのハッキングに見舞われ、7100万ドルの損失を被った際の重大な後退に続くものです。ハッキングの影響を受けたユーザーを補償するため、BitfinexはBFXトークンを発行し、後に親会社であるiFinexの株式と交換できるようになりました。

iFinex及びその子会社のいくつかの取締役が株式買い戻しに参加し、期限は10月24日に設定されています。この期限は、進化する規制上の課題の中でiFinexが運用の自主性を追求する上での重要なマイルストーンを示しています。

Bitfinex親会社の自社株買い、ハッキング被害を受けた株主をターゲットに


最近、Bitfinexのハッキングに関連したニューヨークの夫婦が逮捕され、その後マネーロンダリング陰謀で有罪を認め、事件は重大な進展を見せました。

この夫婦、Ilya Lichtenstein氏とHeather Morgan氏は、2022年2月に逮捕されました。当時、米国当局は彼らのデジタルウォレットに28億ドル相当の約95,000ビットコインが盗まれたことを突き止めました。

35歳のLichtenstein氏は、Bitfinexのネットワークに侵入し、2000以上の詐欺取引を実行し、119,754ビットコインを盗んだことを告白。Morgan氏は資金を洗浄する手助けをしました。二人とも有罪判決を受けると長期の懲役刑を宣告される可能性があります。

彼らが逮捕される直前、連邦捜査官はLichtenstein氏のクラウドストレージアカウントにあるファイルにアクセスし、2000の仮想通貨アドレスと対応する秘密鍵のリストを入手。ブロックチェーンの分析により、これらのアドレスのほとんどすべてがハックに直接関連していることが確認されました。

7月に、Bitfinexは2016年の強盗事件に起因して、米国国土安全保障省から$312,219.71と6.917 BCHを受け取ったと発表しました。回収された資金は、事件後にアカウント保有者に発行されたRecovery Right Tokens(RRTs)を償還するために使用されており、攻撃の被害者に対する投機的な補償の形をとっています。

規制の課題に立ち向かいながらのBitfinexの回復力と国際展開の取り組み


2021年、商品先物取引委員会(CFTC)は、TetherとBitfinexに対して合計4,250万ドルの大きな罰金を科しました。これには、TetherがUSDTステーブルコインのバックアップとしているリザーブに関する誤った主張と、Bitfinexが米国顧客に対して無許可でサービスを提供したことが含まれています。

CFTCの声明によれば、Tetherのステーブルコインは、2016年から2018年の間の26ヶ月のうち4分の1しか完全にリザーブでバックアップされていませんでした。調査では、Tetherがリザーブと企業資金を混合し、非現金資産でリザーブを保有していたことも明らかにされました。

CFTCの命令では、TetherがUSドルでリザーブを維持すると主張していたのとは異なり、リザーブを構成する資金を保持するために、規制されていないエンティティや特定の第三者に依存していたことが強調されました。

さらに、2023年8月、重要な動きとしてTetherとBitfinexは米国地方裁判所が提起された集団訴訟を却下し、包括的な法的勝利を祝福。この訴訟は、両社に対して不正行為を主張して提起されていました。

裁判所の判断は、原告の訴えに「損傷の考えられる主張」がないことを基にしていました。基本的に、裁判所はTetherのステーブルコインであるUSDTの実際の価値がいつでも減少したという事実的証拠を見つけられませんでした。

しかしながら、規制上の課題にもかかわらず、Bitfinexは市場のボラティリティ中に顕著な回復力を示し、国際市場での機会を積極的に追求しています。今年初め、Bitfinexはエルサルバドルでライセンスを取得した最初の暗号通貨取引所となるという、重要なマイルストーンを達成しました。