ビットコインの持続可能なエネルギーミックスが50%超、カーボンフットプリントは他産業より良好: ブルームバーグ・レポート

Yamada
| 2 min read

ビットコイン

Pixabay

ビットコイン(BTC)のエネルギー消費データには、いくつかの方面から深刻な懸念が投げかけられていましたが、ここ数年で、持続可能性に対してより前向きになってきています。

ブルームバーグの新しいレポートによると、ビットコインの持続可能なエネルギーミックスが50%を超えていることは、過去2年間のいくつかの産業よりも気候上昇率が高いことを示しています。

アナリストのJamie Coutts氏は、ハッシュレートの上昇とカーボンフットプリントの比較的な削減が、機関投資家の投資の次の段階を先導する可能性があると説明しました。

「世界的な通貨ネットワークとしてのビットコインは、炭素への影響が減少する一方で規模を拡大している。この成果を主張できる産業はほとんどない。」

2022年にケンブリッジ大学がビットコインのエネルギー消費に関する最新のデータを発表して以来、アナリストたちは、化石燃料への依存度が37%から数ヶ月で57%をはるかに超えるまでに跳ね上がり、エネルギー効率に多くの資金が注ぎ込まれるにつれて、著しく大きな伸びを示していると主張してきました。

気候活動家のDaniel Batten氏は、ビットコインが今後数年のうちにカーボンニュートラルになると付け加え、他の多くの人々とともにさらなる変化を予測しました。

「2030年までに、ビットコインネットワークは、排出量の10倍を削減すると予測されている。」

ビットコイン排出のケース


ブルームバーグのアナリストは、これまでの状況を簡潔に評価し、エネルギー使用量の大幅な減少を結論づけました。

彼らは、中国とカザフスタンでのマイニング禁止以来、ビットコインのエネルギー強度は1KWHあたり600グラムから295.5グラムのCO2に減少し、分散型セクターにつながったと主張しました。

ビットコインのマイニングデータ

主要な論点は、エネルギー原単位の従来の計算方法と新しい計算方法でした。時価総額で測定した場合、排出量はまだ少ないです。

BTCの価格は史上最高値の63,000ドルを60%下回っていますが、ネットワーク価値は335%急増し、ハッシュレートは286%上昇しました。

データによると、ビットコインの排出量は時価総額で1ドルあたり75%暴落しています。

「 要約
ネットワークの成長は5年前より鈍化しているかもしれないが、依然として堅調である。ほとんどのKPIの5年平均成長率は2桁である。
また、メトカーフの法則によるネットワーク効果が成り立つとすれば、新規採用者や相互接続が増えるごとに、ネットワーク価値は指数関数的な影響を受けることになる(線形ではない)。」

まったく新しい経済


ビットコインの採掘コストの上昇は、資産売却、採掘準備金の売却、ハイエンドコンピューティングへの完全な軸足を導くマイナーに打撃を与えました。

その結果、マイナーは、化石燃料への依存度を下げることにつながる、より安価なエネルギーを探し求めるようになり、機関投資家向けの新たな経済活動が活発化しています。

「最も安価なエネルギー源を獲得しようとする人々が、ネットワークのハッシュレート上昇に寄与している。」

このため、太陽光や風力を動力源とするグリーン仮想通貨マインが急増し、何十億もの資金がエコシステムに流入し続ける一方で、完璧なエネルギー転換を生み出しています。