ビットコインは過小評価、暗号は今や不動産より優れている – JPモルガン

Fredrik Vold
| 1 min read
出典: iStock/danielvfung

 

ウォール街の投資銀行JPMorganは、デジタル資産が今や不動産に代わって「おすすめの代替資産クラス」になったとし、ビットコイン(BTC)の適正価格は38,000米ドルと考えています。

複数のメディアの報道によると、同行によれば、デジタル資産は現在、ヘッジファンドと並んで投資するのにふさわしい代替資産クラスであるとされています。同行は、今年のリスク資産の広範な売り越しが、プライベートエクイティ、不動産、民間債務を含む他の代替資産よりもデジタル資産に打撃を与えたと述べました。

その結果、ストラテジストは、伝統的な資産と比較して、暗号が上昇する余地がある可能性があると述べました。「したがって、我々はヘッジファンドと並んでおすすめの代替資産クラスとして、不動産をデジタル資産に置き換える」と、JPMorganのストラテジストは書いています。

代替資産とは一般的に、株式や債券、現金ではないすべての投資資産を指します。

同記事では、不動産など他の代替資産クラスも近いうちに 「リプライシングの遅れ」に見舞われる可能性があると付け加えています。しかし、デジタル資産市場では、この市場はすでに 「キャピタレーション」のような状態に陥っているため、この可能性は小さくなっています。

当該記事ではさらに、ビットコインは現時点で過小評価されているように見え、38,000米ドルはナンバーワン暗号通貨の適正価格であると述べています。

JPモルガンが掲げるビットコインの目標価格38,000米ドルは、現在の価格29,250米ドル(08:30UTC時点)から約30%の上昇を意味します。

ビットコインが40,000米ドルを超えて取引された2月には、同行はビットコインの公正価値は38,000米ドル程度であるとも述べています

さて、JPモルガンのストラテジストは、暗号資産全般にとって、ベンチャーキャピタル(VC)がこの分野に流入し続けることが「重要」であるとも指摘しました。また、最近のTerra(LUNA)の破綻にもかかわらず、資金が枯渇している兆候はほとんどないと付け加えています。

「これまでのところ、Terraの破綻後にVCの資金が枯渇している兆候はほとんどありません。今年1年間のVCからの資金調達額250億ドルのうち、約40億ドルはTerraの後に調達されたものです。我々の最良の推測は、VCの資金調達は継続し、2018/2019年と同様の長い冬は回避されるだろうということである」と、この記事は伝えています。

この記事は、Nikolaos Panigirtzoglouを含む同行の投資ストラテジストグループによって書かれました。同ストラテジストは以前、ビットコインについて、一部の投資家が金よりも優れたインフレヘッジと見なす可能性があることから、インフレ環境下では可能性があると述べていました。


____
詳しくはこちら:
DeFi and Blockchain ‘Are Real’ – JPMorgan CEO
Here is JPMorgan’s ‘Metaverse Strategy’ Advice for Businesses

Bitcoin & Crypto Fund Flows Turn Negative, Continued Headwinds Likely
Analysts Divided on Near-Term Bitcoin & Crypto Outlook as Market Stabilizes

Crypto & Stocks ‘Decoupling’ Prediction Flops but There’s Still Hope
Bitcoin Halfway to Next Halving – What Can History Teach Us?