4億ドルの取引量がBSVを30%上昇させたビットコインSVの価格予測

Yamada
| 2 min read

BSVの価格チャート

4億ドルという取引量に後押しされ、ビットコインSVは、30%という著しい価格上昇を見せました。この大幅な上昇により、通称クジラと呼ばれる大口投資家の市場への関与が予測されます。

本日のビットコインSV価格は49.39ドル、24時間の取引量は240万ドルです。過去24時間で、ビットコインSVは0.25%未満のわずかな上昇を示しています。

CoinMarketCapの現在のランキングは43位で、950万ドルのライブマーケットキャップを誇っています。

ビットコインSVの大きな取引量と顕著な価格上昇で注目を集める中、クジラの関与は、投資戦略と仮想通貨の将来のパフォーマンスへの潜在的な影響について疑問を投げかけています。

ビットコインSVの価格予測


ビットコインSV(BSV)は、44.50ドルの重要なレジスタンスレベルを突破し、テクニカル面で強い強気パターンを示しました。

このレベルは以前、トリプルトップ・パターンの形成に代表される重要なバリアとして機能していました。

しかし、44.50ドルを突破したことで、この弱気パターンは無効となり、モメンタムが変化する可能性が示されました。

BSVの価格チャート

ビットコインSV価格チャート – 出典:Tradingview

ローソク足が44.50ドルを上回ったことは、さらなる上昇の可能性を示唆しており、次のレジスタンスは56.15ドルです。

56.15ドル上のブレイクアウトを伴う強気トレンドの継続により、BSVは62.25ドル、あるいはさらに高い67.75ドルを目指す可能性があります。

高値のレジスタンスレベルは68.50ドルあたりになるでしょう。

一方、サポート・レベルは44.50ドルと36.25ドルのままであり、潜在的な下降の動きに対する重要な障壁として機能しています。

このテクニカル分析は、ビットコインSVのポジティブな見通しを示しており、さらなる価格の上昇の可能性があります。

投資のための代替コイン


WSMとThug Life Tokenは有望な仮想通貨であり、投資を検討する価値があるかもしれません。

ビットコインSVとともにこれらのコインを投資ポートフォリオに加えることで、ダイナミックな仮想通貨市場で成功する可能性を高めることができます。

Wall Street Memes


情報通の投資家向けのオンライン・コミュニティとして知られるWall Street Memesは、そのミーム・コインである$WSMの初回プレセール期間中の販売に成功し、驚くべきマイルストーンを達成しました。

プレセールが開始されてから数週間で、1,170万ドル以上の資金調達に成功し、急速なペースを示しています。

現在進行中のプレセール段階では、投資家は$0.0307のレートで$WSMを購入することができます。

プレセールが進むにつれ、価格は徐々に0.031ドルまで上昇し、この段階で参加すれば、予想利益を確保できます。

Wall Street Memesのプレセール

WSMのプレセールに参加し、Wall Street Memesを手に入れて、利益を得るチャンスをつかみましょう。

$WSMを購入する

Thug Life Token


Thug Life Tokenは、新しいミームコインのベンチャーとして、SNSやウェブ3のコミュニティで話題を呼んでいます。

トークンのプレセールが始まってから数時間で、このプロジェクトは$THUGトークンから20万ドルの売上を達成しました。

$THUGへの関心が高まるにつれ、プロジェクトに参加し貢献しようとするミームコイン愛好家がさらに増えると予測されます。

イーサリアム・ブロックチェーン上に構築されたTHUGの総供給量は42億トークンで、その70%がプレセール期間に確保されています。

$THUGのプレセール

コミュニティへの大幅な配分は、ミームトークンであるTHUGの強固な基盤を確立することの重要性を浮き彫りにし、将来の成長への道を開くことができます。

このセールに参加したい投資家にとっては、タイミングが最も重要です。プレセール第1ステージのみで、1THUGトークンを0.0007ドルで提供しています。

ハードキャップの$2,058,000に達した時点で販売は終了となるため、早めの行動が必要です。

Thug Life Token ($THUG)を取り巻く熱狂を見逃さないようにしましょう。今すぐ行動を起こし、この有望なミームコイン・プロジェクトに貢献するチャンスをつかみましょう!

Thug Life Tokenを購入する

免責事項:業界トークセクションは、仮想通貨業界のプレーヤーによる洞察を掲載しており、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。