Bitcoin、Surf、ギャング取り締まりでエルサルバドルへの観光客が増加、Bukele氏語る

Tim Alper
| 1 min read
Source: Twitter/@Bitcoinbeach

 

エルサルバドルでは、国際観光が増加しています。同国のリーダーであるNayib Bukele大統領は、ビットコイン(BTC)の導入を含む自身の政策が、より多くの休暇を過ごす人々がこの中央アメリカの国を訪れることを選択する最大の理由であると述べています。

Bukele大統領は昨年、BTCを法定通貨にする法律を制定しました。彼はTwitterで世界観光機関のデータにより、エルサルバドルが2022年1月から5月までの期間に「収益の面で最も好調な(国際)目的地」の上位15カ国にランクインしたことを祝いました。

同機関は、2019年のデータに対する実質的な変化率を測定し、調査の一環として国際観光レシートを分析しました。

このデータによると、エルサルバドルへの観光客はコロナウイルス流行後に6%上昇し、1位のモルドバ共和国の86%にははるかに及ばないものの、その上昇幅は大きいものとなっています。エルサルバドルは中南米で最も高く、その6%は、上位15位に入った唯一の米州の旅行先であるメキシコの2倍のスコアでした。

Bukele氏はツイッターの投稿で、「パンデミック前のレベルまで観光業を回復できたのは、ほんの一握りの国だけです」と指摘しました。

世界観光機関のデータは国際観光を対象としているため、Bukele氏は、上昇の「理由」は「ほとんどがビットコインとサーフィン」であると説明しました。

また、Bukele氏はGoogle Mobility Reportのデータを紹介し、外国人観光客とサルバドル人を問わず、2022年と2021年に小売・娯楽施設、公園、店舗、交通機関で過ごした時間が2020年より長くなっていることを示しました。

そのため、Salvadoran大統領はもう一度自分を褒めたい衝動に駆られ、結論としてこう記しました。

「内部観光がさらに伸びているのは、主にギャングの取り締まりによるものです」

政府のストリートギャング 「パンディージャ」との戦いは、国際社会を二分し、Bukele政権は囚人やギャング容疑者の人権を侵害しているとする批判が多いです。

しかし、Bukele氏は、数年ぶりに殺人率が連日ゼロになるなど、自分の政策は比類ない成功を収めたと主張しています。

彼は次のように述べました

「(エルサルバドルは)世界で最も危険な国から、ラテンアメリカで最も安全な国になりました。」

_____
詳しくはこちら: 
El Salvador Finance Chief Says USD 800M Debt Default Won’t Happen, Bukele Says BTC Is ‘Inevitable’
Following MicroStrategy, El Salvador’s Bukele Buys Another Bitcoin Dip Too, Skeptics Chime In

Despite the Bear Market, a Salvadoran Wants to Build a USD 200M Power Plant to Mine Bitcoin
El Salvadoran Government to Back New Token, Bukele Says ‘Don’t Panic’ About Falling Bitcoin Prices