ビットコインは未だナンバーワン、先物プレミアムの上昇が要因 – K33の調査

bittokoinha-weidananbawan-xian-wupuremiamu

画像引用先:Pixabay

K33によって行われた調査によると、先物取引における高いプレミアムのため、ビットコインは引き続き最も魅力的な暗号通貨としてトップの地位を保持しています。

市場評価で2番目に価値のある暗号資産Etherは、デリバティブ市場での利回りが低いため、再び二の次となることが予想されます。

研究者たちは、ビットコインがデジタルゴールドとして機能し、近く行われるスポットビットコイン取引所取引ファンド(ETF)のローンチが、Ethereumが再び業績不振になる理由を予測するための重要な要因となる可能性があると考えています。

さらに詳しい背景を踏まえ、K33はイーサリアムのエコシステムから強力でポジティブなファンダメンタルズが生まれるまでは、ビットコインに固執することが最も安全な選択肢であると述べました。

急なターンアラウンドの可能性はすぐには期待されていませんが、ビットコインは暗号通貨市場におけるその立場を固めています。

一つの例として、ビットコイン(BTC)の支配力が、広範な市場の下降トレンドにもかかわらず、暗号通貨市場のほぼ半分まで成長しています。

また、BTCには411,000 BTCの未決済建玉があり、これはおおよそ116億ドル相当の価値となります。

未決済建玉のボリュームは過去7日間で1.8%急増していますが、その同じ期間にスポットボリュームは15%急落しています。

また、Grayscaleが彼らのビットコイントラストファンドをスポットビットコインETFに変換するという公然たる意向を持っていることで、ビットコインがさらに注目を集めています。

裁判所は、アセットマネージャーの要求を10月13日に裁定することが予想され、K33の研究者は、裁判所がおそらく米国の規制当局にGrayscaleの申請を再評価するよう指示するだろうと主張しています。

また、ビットコインETFの承認により、数年間で1500億ドル以上の資本が暗号市場に引き寄せられる可能性があるでしょう。

これまでのところ、米国証券取引委員会(SEC)は、何度もビットコインETFを承認することを遠ざけていました。

金融規制当局のトップによると、市場操作とビットコインの不適切な価格追跡が、集中砲火から身を守るための武器となっているといいます。

ただし、過去数か月間、ビットコインとEtherに関連する先物契約を提供する方針がありました。

金曜日の予想される裁定についてコメントして、K33のアナリストは、暗号市場で強くポジティブな反応があると推測していますが、それは短期間の可能性があります。

この一時的なリフトオフは、他のアセットマネージャーがSECのテーブルに申請書を持っていることによって駆動されるでしょう。

SECのスポットビットコインETFの祝福を望むマネージメントファームのリストには、Invesco、BlackRock、Bitwise、Valkyrieなどがチームを形成しています。

年内承認の可能性は75%


SECは、過去2年間でスポットビットコインETFに関する裁定を延期しており、その手を動かすすべての試みを退けてきました。しかしながら、来月には変更が予想されています。

また、シニアBloomberg ETFアナリストのEric Balchunasは、X(旧Twitter)で、SECがスポットビットコインETFの申請を承認する確率が、今年末までに75%に達するだろうと述べました。これは別のユーザーからの質問に対する回答でした。

さらに、Balchunasはこの数字が、BlackRockの申請の最終期限である2024年3月までに90%に達する可能性が高いと述べています。