ビットコイン価格が20%以上急騰し3万ドルの大台を突破

Ali B.
| 5 min read

牛とビットコイン

ビットコインの価格は驚異的な急騰を見せ、過去7日間で20%以上も高騰し、30,000ドルという大きな節目を突破しました。

この目覚ましい上昇は広く注目を集め、投資家やアナリストはBTCの行く末を期待しています。

さらに、Jerome Powell米連邦準備制度理事会(FRB)議長が最近、利上げの可能性とインフレ懸念について発言したことが、議論に拍車をかけています。

著名な金融会社であるValkyrieがビットコインスポットETF市場に参入したことで、仮想通貨の将来性に注目が集まっています。

ビットコインが上昇を続ける中、市場は今後の方向性や最近の動向の意味合いについての洞察を待ち望んでいます。

FRB議長のPowell氏が利上げとインフレ見通しに光を当てる


水曜日、Jerome Powell米連邦準備制度理事会(FRB)議長は下院金融サービス委員会での準備声明の中で、今年さらなる利上げの可能性を示唆しました。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は10回連続で利上げを実施した後、今週利上げを停止することで合意しました。

Powell氏は、利上げはまだ正当化されるかもしれないが、これまでの進展を考慮すれば、より緩やかになるだろうと強調しました。

同氏は、貸出条件の引き締めが経済活動、雇用、インフレに影響を与える可能性があることを認めましたが、こうした影響の程度はまだ不透明です。

Powell氏は、昨年半ばからインフレがやや緩やかになっていると指摘しました。

しかし、インフレ圧力が根強いと述べ、インフレ率を目標水準である2%に戻すには時間がかかると強調しました。

さらにPowell氏は、短期的な利下げはインフレ率が著しく低下した場合にのみ適切であり、今後2、3年以内に利下げが実施される可能性は低いと述べました。

Powell氏がインフレ圧力を認めたことで、価値貯蔵としてのビットコインの魅力がさらに高まり、30,000ドルという重要なレジスタンスレベルを突破する可能性があります。

ValkyrieがビットコインスポットETFの流行りにのる


著名な仮想通貨ファンドマネージャーであるValkyrieは、機関投資家の関心が急増する中、ビットコインスポット上場投資信託(ETF)レースに参加しました。

競合他社に続き、Valkyrieは6月21日、米国証券取引委員会(SEC)にS-1登録書を提出しました。

BRRRのシンボルでナスダックに上場する計画で、この動きは市場に大きな興奮を生み、BTC/USDの価値を上昇させました。

Valkyrieは、Valkyrie Bitcoin Strategy ETF (BTF) や、現在清算中のValkyrie Balance Sheet Opportunities (VBB)で、すでにBTC先物ETF市場で実績を上げており、Valkyrie Bitcoin Miners ETF (WGMI)も運用しています。

Valkyrieは、ビットコインスポットETFの分野に進出することで、機関投資家グレードのビットコイン投資商品に対する需要の高まりへ資本投下することにコミットしています。

仮想通貨取引所Geminiの共同設立者であるTyler Winklevoss氏によると、認可されたビットコインスポットETFへの新たな期待は、専門家がデジタル通貨の「大集積競争(The Great Accumulation Race)」と呼ぶものに拍車をかけているといいます。

BlackRock、Fidelity、Invesco、Wisdom Tree、そして今回のValkyrieによるビットコインスポットETFの最近の申請が、ビットコインの6月16日からの19%の価格上昇に貢献し、30,240ドルまで押し上げたと考えられています。

Winklevoss氏は6月21日、機関投資家と個人投資家の間でビットコインの「大集積(The Great Accumulation)」が始まったと宣言しました。

ビットコインETFのスポット登録がビットコイン価格の上昇を後押しする中、機関投資家の需要を先取りする窓口が閉ざされつつあるとの指摘もあります。

Winklevoss氏は、ETFが公開される前にビットコインを購入することを、IPO前に株式を購入することに例え、ビットコインを取得するための「チャンス」は急速に狭まっていると警告しました。

ビットコインETFをめぐる興奮が高まる中、Crypto Fear and Greed指数はわずか2日間で49(Neutral)から65(Greed)に上昇しました。

一方、ビットコインは現在30,240ドルで取引されています。

6月21日のツイートで、Anthony Pompliano氏は、ビットコインが最小限の機関投資家の関与で0ドルから1兆ドル以上の市場評価に上昇したことを強調しました。

同氏は、Wall StreetやBlackRockが市場に参入すれば、保有者が機関投資家への売却を嫌がる可能性があるため、ビットコインの流動性が非常に低くなると予想しています。

ビットコインETFの話題は、時価総額で最大の仮想通貨にプラスの影響を与え、BTCは30,000ドルの大台を突破しました。

ビットコイン価格予測


ビットコインは取引が急増しており、30,435ドルに達し、木曜日には5%以上の上昇を記録しました。

ビットコインの価格が31,000ドルまで上昇したのは、いくつかのビットコインスポットETFの申請が提出されたためと考えられています。

BTC/USDペアは、30,000ドルのレジスタンスレベルの突破に成功した後、顕著な強気傾向を示しています。次のターゲットは31,000ドルで、ビットコインの値動きにポジティブな見通しとなっています。

ビットコイン価格チャート

ビットコイン価格チャート – 出典:Tradingview

28,900ドルレベルに向けた小幅な調整も否定できません。この重要なレベルより上でポジションを維持すれば、さらなる上昇の勢いに有利な条件が整うでしょう。

ビットコインが30,000ドルの大台を維持すれば、次のレジスタンスレベルである31,000ドルに向けて急騰する可能性が出てきます。

2023年に注目すべき仮想通貨トップ15


2023年に注目すべきデジタル資産トップ15を厳選しました。定期的にチェックすることで、最新のICOプロジェクトや代替仮想通貨に関する情報を入手することができます。

このリストは、Industry TalkとCryptonewsの業界エキスパートによって編集されており、プロの推薦と貴重な情報を確実に受け取ることができます。

免責事項:Industry Talkのセクションは、仮想通貨業界のプレーヤーによる洞察を掲載しており、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。

仮想通貨の最適購買価格


仮想通貨比較表

Cryptocurrency Price Tracker – 出典:Cryptonews