ビットコインの価格予測: 5%以上の大幅下落で懸念が高まる

牛とビットコイン

最近、ビットコインの価格が5%以上と大幅に下落したことで、投資家やトレーダーの間で懸念が広がっています。

世界を代表する仮想通貨であるビットコインの値動きは、しばしば市場全体に大きな影響を与えます。

問題は、ビットコインがさらなる下落を防ぎ、重要な24,000ドルの水準より上で安定するのに十分なサポートを見つけられるかどうかです。

今回のビットコイン価格予想では、現在の市場環境と、今後のBTCの方向性に影響を与える可能性のある主要な要因を分析します。

FRBが10回連続の利上げを一時停止:さらなる利上げを予想


2022年3月から10回連続の利上げを行った米国連邦準備制度理事会は、今月、フェデラルファンド金利を現在の水準に維持することを選択しました。

今回の決定は、FOMCの声明で強調されているように、経済活動の緩やかな上昇を示す兆候を考慮したものであり、雇用の増加の強さと低い失業率も認めています。

FOMCの継続的な目的は、FRBの発表にあるように、インフレ率を2%から3%の目標範囲に引き下げることに変わりはありません。

今週、米国労働統計局から発表された消費者物価指数(CPI)の最新データによると、インフレ率が緩やかになり、年率は4%に低下しました。

インフレ率2%と完全雇用という目標を達成するために、FOMCは連邦資金金利の目標レンジを5~5.25%に維持することを決定しました。

発表後、ウォール街の主要4株価指数はすべて下落し、仮想通貨市場も若干の落ち込みを見せました。

しかし、金と銀のスポット価格は、FRBの最新の声明に反応して上昇しました。

FOMC後のJerome Powell氏の記者会見で、Powell氏は「ほぼすべての委員会参加者が、年内にやや追加的に金利を引き上げることが適切となると予想した」と述べています。

ラリーに位置づけられた仮想通貨市場参加者は失望しました。

FRB利上げの一時停止は、仮想通貨などのリスク資産にとって支援材料と受け取れるが、政策立案者のいわゆる「タカ派休止」の姿勢は、

今後さらなる利上げを示唆するものであり、強気派にとってはマイナスです。

その結果、トレーダーはFRBの利上げ休止を見送りました。

その代わりに、年末までにさらなる引き上げが必要だというPowellのコメントに重きが置かれ、流動性の低下に悩むすでに脆弱な仮想通貨市場の価格が下落したのです。

マイアミ市長のFrancis Suarez氏がビットコイン支援で大統領選に参戦


ビットコイン提唱者のマイアミ市長Francis Suarez氏が、連邦選挙委員会に大統領選への出馬を正式に登録しました。

ビットコインの支持者として知られるSuarez氏は、マイアミをビットコインの盛んな拠点に変えることを目指しており、自分の給料もビットコインで受け取るようになったそうです。

Donald Trump元大統領やフロリダ州知事のRon DeSantis氏など著名な候補者との厳しい競争にさらされながらも、マイアミで2回当選しているSuarez氏は、全国的な知名度を得ることに課題を抱えているのかもしれません。

2021年のCoinDeskとのインタビューで、Suarez氏はビットコインが富を民主化する可能性を賞賛し、納税や自治体労働者への補償にビットコインを利用することを模索することに言及しました。

また、StacksブロックチェーンをベースにしたMiamiCoin(MIA)を紹介し、将来的にマイアミの住民に定期的なBTCのインセンティブを提供できると考えているとのことでした。

3月にOKCoinでMIAともう一つの都市トークンであるNYCCoinが流動性の問題で取引停止になったが、Suarez氏の仮想通貨への信頼は揺るぎはないままです。

ビットコインの価格下落にもかかわらず、基礎技術への信頼は揺るがないことを強調しました。

ビットコイン価格予測


ビットコインは現在25,105ドルで取引されており、木曜日に約5%の減少を記録しています。

この下落は、連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派的な声明と仮想通貨市場の激動の1週間を受け、ビットコインの価格が3月中旬以来初めて25,000ドルの閾値を下回ったことに起因しています。

テクニカル面では、4時間足で検証すると、ビットコインはすでに25,600ドル付近のダブルボトムのサポートレベルを確立しています。

ビットコイン価格チャート

ビットコイン価格チャート – 出典:Tradingview

さらに、「三羽烏(three black crows)」と呼ばれる弱気なローソク足パターンを形成しており、ビットコイン価格の下落トレンドが継続する可能性を示しています。

次に注目すべきサポートレベルは、MACDとRSIの指標が売りゾーンにあることから、24,350ドル付近となります。

また、50日指数移動平均線もビットコイン価格の下落傾向をサポートしています。

したがって、25,000ドルの水準を下回ると、さらに下降する可能性があるため、注意深く監視することが重要です。

同時に、25,000ドル以上の終値は、25,600ドルまたは26,200ドルのレベルに向かって強気のリトレースメントを誘発する可能性があります。

BTCを購入する

2023年に注目すべき仮想通貨トップ15


2023年に注目すべきデジタル資産トップ15を厳選しました。定期的にチェックすることで、最新のICOプロジェクトや代替仮想通貨に関する情報を入手することができます。

このリストは、Industry TalkとCryptonewsの業界エキスパートによって編集されており、プロの推薦と貴重な情報を確実に受け取ることができます。

免責事項:Industry Talkのセクションは、仮想通貨業界のプレーヤーによる洞察を掲載しており、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。

仮想通貨の最適購買価格


仮想通貨比較表

Cryptocurrency Price Tracker – 出典:Cryptonews