07 9月 2022 · 0 min read

ビットコイン価格予想。債券利回りが上昇する中、BTCは20000ドルを奪還できるか?

世界最大の暗号通貨であるビットコインは、広義の米ドルが強い正の牽引力を維持する中、弱気相場で取引されています。ビットコインは過去24時間で6%近く、過去7日間で8%以上下落しており、さまざまな理由で投資家の間で価値が失われているようです。

鷹揚なFRB政策とFed Fund金利の上昇がリスクオフ心理を誘引

ビットコイン価格の弱気トレンドは、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを継続するとの懸念によって影響を受けているアメリカの株式市場のパフォーマンスに起因している可能性があります。これにより、投資家は株式やビットコインなどのリスク資産から資金を引き揚げ、「リスクオフ」センチメントを引き起こします。ドル高の影響でNASDAQ100とS&P500がともに下落し、ビットコインに弱気な圧力がかかりました。

さらに、ロシアがパイプライン「ノルドストリーム1」を停止したことで、欧州へのガス流入が止まり、市場が怯んだこともビットコイン価格の下落を後押ししました。債券利回りの上昇も、BTC価格に圧力をかけ続けるカギとなりました。このようなパターンが続けば、ビットコイン(BTC)コインの価格上昇は来年に大きく弱気になる可能性があります。

債券利回りの上昇

米国の製造業統計が予想を上回ったことで、中央銀行がインフレ抑制のために急激な利上げを行う必要があるとの懸念が高まり、債券市場の売りが収まる気配はありません。

米10年債利回りは6月中旬以来の動きとなり、6.1bp上昇の3.25%となりました。その結果、投資家は無リスク資産への投資を好み、ビットコイン価格には下落圧力がかかっています。

ドル高が進行中

広義の米ドルは緑色に変わり、20年ぶりの高値を更新しました。しかし、その理由は、FRBが積極的なスタンスを採用するとの見方が強く、米10年債の値上がりを助長したことに起因すると考えられます。

ハイテク株やハイテク系のNASDAQと強い逆相関があるビットコインの価格も下落しました。ブルームバーグの記事によると、FRBの積極的な動きはより強引になる可能性があるといいます。Jerome Powell FRB議長は、故Paul Volcker氏の足跡をたどっているように見えます。Volcker氏のインフレに対するタカ派的なスタンスは、米国経済を低迷に追い込んだものである可能性が高いです。

FRBが量的引き締めを維持すれば、広義の米ドルは牽引力を増し、新高値に達する可能性があります。ジャクソンホールでの講演でPowell氏は、インフレに対抗するためにドルを強化したいとの考えを繰り返しました。

ビットコイン価格の下落が続けば、欠損水準に達する可能性があります。暗号通貨の主要なインフルエンサーであるRichard Heart氏は、ビットコインが上昇する前に11,000ドルまで下がると予測しています。当時、投資家の関心は9月13日のCPIデータの発表に集まっていました。

Bitcoin Price Chart - Source: Tradingview

ビットコインの価格予測。BTCは17,600を試せるか?

主要暗号通貨ペアBTC/USDは、弱気な展開で、20,000ドルから18,750ドルへ下落しています。日足タイムフレームでは、BTC/USDはトリプルボトムのサポートレベルである19,053ドルを侵犯しました。19,053ドルの下で弱気のエンフルフィングのローソク足が閉じると、ビットコインのさらなる弱気トレンドが促進される可能性があります。

見てわかるように、BTC/USDペアは、下側の対称的な三角形パターンを破り、投資家の間で強い売りバイアスを示しています。下降局面では、BTC/USDペアの当面のサポートは17,685ドルで優勢であり、このレベルをブレイクアウトすると、16,450ドルレベルまでさらに売り込む余地が広がる可能性があります。

BTCは20000ドルを奪還できるのか?

BTCが20000ドルを奪還するには、19,500ドルのレジスタンスレベルを突破しない限り困難と思われます。ビットコインの需要が急増すれば、19,500ドルを切り裂き、BTC価格は21,900ドルまたは22,425ドルのレジスタンスレベルに向かって急上昇する可能性があります。