ビットコインの価格予測: 25,600ドル突破を目指すBTCの苦闘と今後に影響する重要な要素

Ali B.
| 6 min read

牛とビットコイン

ビットコインはようやく回復の兆しを見せているが、25,600ドルの水準を突破するには引き続き課題があります。

このような苦戦の中で、ビットコインの歩みに影響を与えるいくつかの注目すべき要因が現れました。

MicroStrategyのCEOであるMichael Saylor氏は、米国での規制強化にもかかわらず、ビットコインが頂点に君臨する未来を思い描いています。

さらに、著名な仮想通貨プラットフォームであるCelsiusは、15種類のトークンをビットコインとイーサリアムに変換する計画を発表し、市場のダイナミクスを高めています。

香港は、SECが業界を取り締まる時期に仮想通貨取引所を受け入れており、規制アプローチの転換を示唆しています。

これらの動きは、とりわけ、ビットコインが25,600ドルのレベルを突破するために大きな影響を与えました。

この要因の意味を理解することで、現在の市場ダイナミクスを洞察することができます。

MicroStrategyのSaylor氏は、米国で規制が強化される中、ビットコインだけの未来を予見


Saylor氏は、MicroStrategyが2020年以降、ビットコイン(BTC)が「仮想通貨空間で唯一の機関投資家向けの投資可能な資産」という見解を示してきたことを強調しました。

同氏は、デジタル資産としてのビットコインが世界規模で広く受け入れられていることを強調し、当局が他の仮想通貨について有望な未来を予見していないと考えています。

Saylor氏によると、規制当局の間では仮想通貨トークンに対する熱意が不足しており、仮想通貨取引所に対する視点も限定的だといいます。

彼らの意見では、仮想通貨取引所は、ビットコインのような純粋なデジタル商品の取引、保管、交換に主眼を置くべきだそうです。

仮想通貨分野全体が、最終的にはビットコインを中心としたニッチに絞られ、他のいくつかのプルーフ・オブ・ワーク型トークンが登場すると考えています。

Saylor氏はブルームバーグのインタビューで、「ビットコインは次のビットコインである」ということを一般大衆が徐々に認識していくとの考えを示しました。

また、ビットコインの価値が10倍になる可能性もあると推測し、それを繰り返しています。

Saylor氏は、ビットコインの普及を促進するためには、規制の明確化が重要であると強調しました。

当然ながら、Saylor氏の視点には反対意見もあり、全員が同じ意見を持っているわけではありません。

批評家たちは、ビットコインを市場競争から守るために国家の力の独占に頼ることは、最適なアプローチではないかもしれないと主張しました。

要約すると、MicroStrategyのCEOであるMichael Saylor氏は、ビットコインが唯一の機関投資家級の投資可能な資産であることを強調し、その世界的な受容性を信じています。この視点は、機関投資家に自信を与え、信頼できるデジタル資産としてのビットコインへの関心を高めることで、BTC価格に影響を与えることができます。

Celsiusが15種類のトークンをビットコインやイーサリアムに変換


2010年6月21日に誕生した Celsiusのアドレスが、大きな動きを見せました。

今月に入ってビットコイン価格が7.5%下落したにもかかわらず、同アドレスは残高50BTC(125万円相当)を全額送金することを決定しました。

この取引は、同アドレスでは12年以上ぶりの活動となります。

2010年からのブロック報酬の転送は、特にコイン価値が2倍になった頃と比べると、頻度が少なくなっていました。

ブロックチェーンパーサーのBtcparser.comは、「13CFn」アドレスからの転送を検出しました。

公式Twitterアカウントによると、Celsiusは7月1日より、お客様が保有するすべてのアルトコイン(保管口座、源泉徴収口座を除く)を売却し、ビットコインとイーサリアムに変換すると発表しています。

これらのトークンの売却額は2億1,500万ドル以上となる見込みで、市場の既存の売り圧力に寄与しています。

この売却の影響は、15種類の暗号資産に収益を分散させることで、いくらか緩和されるでしょう。

ただし、仮想通貨をビットコイン(BTC)およびイーサリアム(ETH)に交換する計画には、破産裁判所の承認が必要であることに注意が必要です。

今回のCelsiusのアドレスによる残高50BTCの全移転の動きは、ビットコイン価格にも影響を与えます。

この取引は、価格の下落にもかかわらず、アドレスが保有する資産をビットコインに変換することを選択したことから、デジタル資産としてのビットコインに対する信頼性を示しています。

さらに、Celsiusがアルトコインを売却し、ビットコインやイーサリアムに交換することを発表したことも、市場の売り圧力に寄与することになります。

香港がSECの取り締まりを受け仮想通貨取引所を受け入れると議員が発言


米国証券取引委員会(SEC)が最近、未登録の仮想通貨取引所や証券トークンを取り締まったことを受け、香港の法律家Johnny Ng氏は、国際的な暗号通貨取引所に対し、香港での運営ライセンスを申請するように促しています。

香港は、イノベーションと仮想通貨開発を促進するために、規制の枠組みをアップデートしました。

6月1日から適用されるこの新しい規制は、一般の人々の仮想資産への関与のあらゆる側面を網羅することを目的としています。

香港証券先物取引委員会(SFC)は、新しい枠組みは投資家保護、市場の健全性、金融機関のリスク管理に重点を置いていると述べています。

BinanceやCoinbaseを含む多くの著名な仮想通貨取引所は、米国証券取引委員会(SEC)によって精査されています。

また、規制当局は、Binance USが所有する資産を凍結する措置をとりました。

CoinbaseのCEOであるBrian Armstrong氏は、自身の取引所が証券を上場していないことを再確認しています。

SECに法廷で挑み、ビットコイン業界に明確な規制基準を設けるというCoinbaseの決意を表明しています。

こうした動きの中、SEC委員長のGary Gensler氏は、仮想通貨取引所に関する既存の規制があることを主張し、Bitcoinを除く大多数の仮想通貨トークンを証券とみなしています。

しかし、Gensler氏とSECは、ビットコイン市場の規制について、執行に重点を置いたアプローチであるとして、業界関係者や議員から批判を浴びています。

これは、仮想通貨が合法的な資産として認知されつつあることを示すものであり、ビットコインのデジタル通貨としての地位をより強固なものにしています。

ビットコイン価格予測


テクニカル面では、ビットコイン($BTC)は現在、25,600ドルのレジスタンスレベルを超えるのに苦労しており、統合の時期を迎えています。

4時間足のタイムフレームでは、ビットコインは24,750ドルのサポートレベルをテストし、強気のハンマーキャンドルが形成され、市場の反転の可能性を示しました。

その後のローソク足がサポートレベルを上回って引けたことから、強気のモメンタムの存在が示唆されました。

ビットコインはすでに25,600ドルレベルあたりで38.2%のフィボナッチリトレースメントを完了しています。

このレベルを上回らないと、さらなる上昇の妨げになる可能性があります。

ビットコイン価格チャート

ビットコイン価格チャート: 出典:Tradingview

強気心理の継続を判断するためには、重要なレベルである25,600ドルを注視することが重要です。

しかし、相対力指数(RSI)移動平均収束発散(MACD)の指標は、複雑なシグナルを示しています。

RSIは弱気バイアスを示す50を下回ったままですが、最近ゼロラインを上回り、買いゾーンに入りました。

また、MACDもシグナルラインを上回り、強気市場が継続する可能性を裏付けています。

ビットコインが25,600ドルの突破に成功すれば、26,000ドルと26,250ドルのレジスタンスレベルを狙う可能性があります。

下降局面では、25,150ドルと24,750ドルあたりが当面のサポートとなります。

BTCを購入する

2023年に注目すべき仮想通貨トップ15


2023年に注目すべきデジタル資産トップ15を厳選しました。定期的にチェックすることで、最新のICOプロジェクトや代替仮想通貨に関する情報を入手することができます。

このリストは、Industry TalkとCryptonewsの業界エキスパートによって編集されており、プロの推薦と貴重な情報を確実に受け取ることができます。

免責事項:Industry Talkのセクションは、仮想通貨業界のプレーヤーによる洞察を掲載しており、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。

仮想通貨の最適購買価格


仮想通貨比較表

Cryptocurrency Price Tracker – 出典:Cryptonews