ビットコイン価格予測: ハト派的なFOMCセンチメントの中、BTCは4%上昇

Yamada
| 3 min read

ビットコインと牛

世界最大の仮想通貨であるビットコイン(BTC)は上昇トレンドを続け、火曜日に27,000ドルの大台にあと一歩のところまで迫りました。当初、BTCは8月31日以来の高値となる27,000ドルの大台を突破しました。

急騰の背景には、米連邦準備制度理事会(FRB)の次回会合で連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げを一時停止すると予想されることへの市場の期待があります。

ビットコイン上場投資信託(ETF)の申請件数が増加していることは、世界中の投資家の注目を集めており、仮想通貨市場全体の拡大における重要な要因であると考えられています。

ビットコインETFへの関心の高まりは、BTC価格の上昇を後押しし、最近の27,000ドルを超える急騰に貢献しました。

ビットコインは今月、2.50%の値上がりを経験し、年間では61%という驚くべき上昇率を記録しました。このポジティブなトレンドが続けば、ビットコインの価値は28,000ドルを超える可能性があります。

仮想通貨市場全体が強気で、多くのデジタル通貨が大幅な上昇を記録していることは注目に値します。

ビットコインの最近の急騰:関心の高まりと強気の兆し


ビットコインの価格は、ビットコインの建玉が10億ドルを超える取引急増など、さまざまな要因に影響されています。

これは仮想通貨への関心の高まりを示唆しており、BTCの上昇に寄与しています。特にビットコインが26,500ドルの大台を突破した後、強気なセンチメントを示すコールオプションが増加しています。

この強気トレンドは、3000万ドルを超えるプット・ポジションの大幅なショート清算により勢いを増し、新たなロング・ポジションを生み出して、買い需要を牽引しました。

このほか、新規に作成されたビットコインアドレスの数は26,808と、5年ぶりの高水準になっています。

さらに、取引回数は4カ月ぶりのピークとなる23,724ドルに達し、これは需要の高まりとビットコイン価格の長期的なポジティブな見通しを示している可能性があります。

ビットコイン価格予測


4時間足のタイムフレームでは、ビットコインは回復力を示し、26,750円付近で顕著なサポートを見つけました。BTCはこのレベルのすぐ上に形成されたピンセットボトムパターンで安定しています。

この26,750の閾値はテクニカル的に重要なウェイトを占めており、4時間足チャートでは以前、ダブルトップのレジスタンスとして機能していましたが、突破されるとBTCにとって重要なサポートに移行しました。

さらに、チャート上には以前、最近の高値を起点とする下降トレンドラインがありました。この下降トレンドラインは、BTCを下から支え、サポートとして機能しています。

50日指数移動平均線(EMA)もこのポイントに収束しており、その重要性を強めています。ピンセットボトムがこのEMAの上でクローズしたことで、BTCの強気トレンド継続の可能性が高まりました。

ビットコイン価格チャート

ビットコイン価格チャート – 出典:Tradingview

このような背景から、ビットコインは27,450の次のレジスタンスを狙う可能性があります。それを超えると、27,850がハードルとして立ちはだかるでしょう。

逆に、26,750のサポートが損なわれた場合、BTCを26,400、場合によっては25,900まで押し下げる弱気な動きが見られるかもしれません。

まとめると、26,750レベルが重要です。これを上回るポジションが継続すれば、BTCの強気局面が拡大する可能性があります。

2023年に注目すべき仮想通貨トップ15


2023年に注目すべきデジタル資産トップ15をIndustry TalkとCryptonewsの業界専門家チームが厳選しました。

常に進化し続ける仮想通貨の専門的なガイダンスと貴重な情報を得ることができます。

これらのデジタル資産の可能性を最大限に発見し、常に情報をアップデートしましょう。

仮想通貨の最適購買価格


仮想通貨比較表

Cryptocurrency Price Tracker – 出典:Cryptonews

免責事項:この記事で推奨されている仮想通貨プロジェクトは、出版社や著者の財務アドバイスではありません。仮想通貨は非常に不安定な投資であり、かなりのリスクがあるのでご自身での調査が必要です。