ビットコインの価格予測: BTCは25,400ドルから26,200ドルのレンジ内で統合

Ali B.
| 5 min read

牛とビットコイン

ビットコインの価格は統合局面に入り、25,400ドルから26,200ドルの範囲内で取引されています。

この期間は、ビットコインの上昇または下降の勢いが一時的に休止することを示唆しています。

トレーダーや投資家は現在、ビットコインの次の動きを見極めるため、市場を注視しています。

重要なポイントは、ビットコインがこのレンジを抜け出し、上昇トレンドを継続するのか、それとも反転を経験し、下降に転じるのか、ということです。

今回のビットコイン価格予測では、今後のビットコイン価格の方向性に影響を与える可能性のあるシナリオや要因を探っていきます。

仮想通貨推進派の議員たちがSEC改革とGary Gensler会長の解任を提案


共和党の下院議員2名が、証券取引委員会(SEC)委員長が仮想通貨業界に対するキャンペーンを長期にわたって行っていることから、同委員長に対する不満を表明しました。

Warren Davidson氏(共和党)は月曜日、SECを再編し、Gary Gensler氏を会長の座から外すことを目的とした「SEC安定化法」を提出したとTwitterで発表しました。

Davidson氏は、暴君と呼ばれる会長から米国の資本市場を守る必要性を強調しました。

議員たちが提起した反対意見は、仮想通貨分野自体が表明している懸念と一致しています。

火曜日、SECは仮想通貨取引所であるCoinbaseに対して、証券法違反の疑いで訴訟を起こしました。

Coinbaseは先週、Decryptへの声明で、SECがデジタル資産の規制に執行機関中心のアプローチを採用していると批判しました。

Binance USも木曜日に、SECがアメリカのデジタル資産業界に対するイデオロギー的なキャンペーンの一環として威圧的な戦術を採用していると非難しました。

さらに、SEC内でもGensler委員長は、「Crypto Mom(仮想通貨の母)」と呼ばれるSEC委員のHester Peirce氏からの批判にさらされています。

Peirce委員は、既存の金融分野の法律を利用して仮想通貨を対象とした規制を行う委員会に対して、不成功に終わったものの一貫して反対の声を上げています。

Davidson氏とEmer氏の提案は、証券取引委員会(SEC)の委員の権限を強化することを目的としており、規則制定、執行、調査の権限を現在の5人から合計6人に割り当てます。

この変更は、Peirce氏のような委員の影響力を高めるだけでなく、Gensler会長の退任を要求するものでもあります。

別の展開として、国の債務上限に関する議論が続いている中、Davidson氏は最近、議会がホワイトハウスが提案したビットコインマイニングへの30%課税を検討対象から外したことを明らかにしました。

エルサルバドルでVolcano Energy社によるグリーンマイニングのプロジェクトが始動


ビットコインのマイニングを行うVolcano Energyは、エルサルバドルに241MWの再生可能エネルギー発電所を建設する計画を発表しました。

この施設は、最大級のビットコインマイニングファームをサポートすることを目的としており、まず1.3EH/sのマイニング処理能力を備えています。

この事業のエネルギーの大半は、太陽電池から供給される予定です。

プロジェクト全体の費用は10億ドルと見積もられており、初期段階の2億5000万ドルは、ビットコイン業界のリーダーたちが出資しています。

ベネズエラの仮想通貨監視機関Sunacripの汚職疑惑によりベネズエラ政府がマイニング禁止令を出したことを受け、ビットコインマイナーは中南米の周辺国への事業移転を計画しています。

あるマイナー(匿名)は、電力料金が安く、マイナーにとって有利な環境であることから、2,000台のASICマイニングリグをパラグアイに移転する意向を示しています。

また、他のマイナーもパラグアイやエルサルバドルへの事業シフトを検討しています。

アルゼンチンでは、企業がコスト削減のため、国境を越えた決済に米ドルの代わりに中国人民元を使うことを選択しています。

アルゼンチン政府がドルに課したのと同様の通貨セーフガードを実施したことで、500以上の企業が輸入に中国元を使用するようになったと報告されています。

税関の総責任者であるGuillermo Michel氏は、このような支払いの変化を強調しました。

現在、中国のスワップ・ラインの利用可能額100億ドル超のうち、20億ドル超の決済待ちがあります。

ビットコイン価格予測


ビットコインは現在26,127ドルで取引されており、火曜日に約1%の上昇を記録しています。

火曜日、アジアでの午前中の取引で上昇したものの、26,000ドルのレジスタンスレベルを突破することはできませんでした。

テクニカルな観点からは、ビットコインは26,180ドル付近で強いレジスタンスに遭遇している一方、25,400ドル付近でサポートを得ています。

4時間足では25,400ドルレベルが重要で、トリプルボトムのサポートとして機能し、ビットコインの価格に安定感を与えています。

ビットコイン価格チャート

ビットコイン価格チャート – 出典:Tradingview

現在、市場は統合されており、ビットコインは26,180ドルを上限とし、25,400ドルを下限とするレンジ内で取引されています。ビットコインの次の動きは、このレンジからのブレイクアウト次第となります。

さらに、50日指数移動平均線(EMA)が25,900ドル付近のレジスタンスとして機能しています。ビットコインの価格はこのレベルを中心に変動しており、揉み合いの可能性を示しています。

注目すべきは、下降の三角形パターンが形成され、安値と高値の下降で投資家の弱気心理を表していることです。
25,400ドルを突破した場合、売り圧力が強まり、24,950ドル、24,700ドル、あるいは24,400ドルがサポートレベルとなる可能性があります。

BTCを購入する

2023年に注目すべき仮想通貨トップ15


2023年に注目すべきデジタル資産トップ15を厳選しました。定期的にチェックすることで、最新のICOプロジェクトや代替仮想通貨に関する情報を入手することができます。

このリストは、Industry TalkとCryptonewsの業界エキスパートによって編集されており、プロの推薦と貴重な情報を確実に受け取ることができます。

免責事項:Industry Talkのセクションは、仮想通貨業界のプレーヤーによる洞察を掲載しており、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。

仮想通貨の最適購買価格


仮想通貨比較表

Cryptocurrency Price Tracker – 出典:Cryptonews