米連邦準備制度理事会(FRB)が金利据え置き、BTCは3万ドルまで爆発するか?

Yamada
| 2 min read

ビットコインと牛

本日のビットコイン価格は27,033ドルで、過去24時間で130億ドルの取引量でした。ビットコインはわずかに下落し、約0.50%の下落となっています。

米連邦準備制度理事会(FRB)がFF金利の目標レンジを5.25~5.5%に据え置く決定を堅持するなか、仮想通貨市場の注目が集まっています。

FRBは今年中に25ベーシスポイントの追加利上げを実施する可能性を示唆しただけでなく、長期的には利下げ見通しが減少すると示しました。
インフレ率を2%台に戻し、差し迫った景気後退の可能性を減らすというガイダンスです。経済が現在直面している困難にもかかわらず、市場には懐疑的な見方があります。

しかし、水曜日の米連邦準備制度理事会(FRB)の発表から得た包括的な収穫は、タカ派的な休止です。政策立案者たちは、金利が長期にわたって高水準で維持されると確信しているようです。

このような背景の中、多くの人がビットコインの次の動きを推測しています。BTCはこれを受けて3万ドルの大台まで急騰する可能性はあるのでしょうか?

ビットコイン価格予測


CoinMarketCapのランキングでは、ビットコインは5260億ドルの時価総額を誇り、トップの座を維持し続けています。現在、最大供給量21,000,000 BTCコインのうち、19,491,637 BTCコインが流通しています。

テクニカル的には、ビットコインは27,500ドルのレジスタンスレベルを突破する瀬戸際にあり、28,200ドルに向けて急騰する可能性があります。26,800ドルのレジスタンスレベルを突破した後、ビットコインは27,000ドルの上で安定しています。

しかし、27,500ドル付近にはまだレジスタンスがあり、直近のピークは27,494ドルに達しました。

現在、直近のスイングから23.6%のFibリトレースメント・レベルのすぐ下で推移しており、26,800ドル付近の強気トレンドラインがサポートとなって、100時間単純移動平均の上で推移しています。

ビットコイン価格チャート

ビットコイン価格チャート – 出典:Tradingview

ビットコインにとって、27,500ドルと28,200ドルのレジスタンスレベルは極めて重要であり、これらの水準が突破されれば、29,500ドル、あるいは30,000ドルに向けて急騰する可能性があります。

しかし、BTCが27,500ドルのレジスタンスを突破できなかった場合、27,050ドルと26,800ドルがサポートレベルとなり、下落する可能性があります。

後者を下回ると、26,200ドルに向けてさらに価格が下落する可能性があります。

2023年に注目すべき仮想通貨トップ15


2023年に注目すべきデジタル資産トップ15をIndustry TalkとCryptonewsの業界専門家チームが厳選しました。

常に進化し続ける仮想通貨の専門的なガイダンスと貴重な情報を得ることができます。

これらのデジタル資産の可能性を最大限に発見し、常に情報をアップデートしましょう。

仮想通貨の最適購買価格


仮想通貨比較表

Cryptocurrency Price Tracker – 出典:Cryptonews

免責事項:この記事で推奨されている仮想通貨プロジェクトは、出版社や著者の財務アドバイスではありません。仮想通貨は非常に不安定な投資であり、かなりのリスクがあるのでご自身での調査が必要です。