米国コアインフレ・データ発表に伴うビットコイン価格予測

Ali B.
| 2 min read

ビットコインと牛

ビットコインの価格は30,600ドル前後で安定しており、水曜日に0.50%近く上昇したことを反映しています。

6月の消費者物価指数は0.2%上昇し、前年比3%上昇と2021年3月以来の低水準となりました。

米国のコアインフレデータの発表に伴い、投資家はビットコイン価格への潜在的な影響を評価しています。今が買い時なのでしょうか?

米国コアインフレ・データ


米国の6月の年間インフレ率は3%に低下し、2021年3月以来の低水準となりました。

この大幅な鈍化は、エネルギーコストの高騰によってインフレ率が昨年6月に9.1%のピークに達した後のことです。

消費者物価指数(CPI)は12ヶ月連続でインフレ緩和を示しています。

このインフレ率の低下は、ビットコインと仮想通貨市場に影響を与えます。

インフレ率の低下は、従来の通貨安やインフレ圧力に対するヘッジとしてのビットコインのケースを強化する可能性があります。

投資家は低インフレ環境下でビットコインを魅力的な資産と見なし、潜在的な需要増と価格上昇圧力につながる可能性があります。

さらに、インフレ率の低下は、中央銀行による利上げ懸念を緩和する可能性があります。

低金利はビットコインのような代替投資をより魅力的にする傾向があるため、緩和的な金融政策環境は仮想通貨市場をさらにサポートする可能性があります。

ビットコイン価格予測


ビットコインは現在、30,500ドル前後で取引されており、やや弱気な傾向を示しています。

31,000ドル・レベル付近のレジスタンスに直面しながらも、特に30,500ドル付近ではそのわずかに下を維持しています。

このレジスタンスレベルを突破することに成功すれば、ビットコイン価格は次のターゲットである32,500ドル付近、またはさらに高い可能性のある約34,150ドルに向かって上昇する可能性があります。

ビットコイン価格チャート

ビットコイン価格チャート – 出典:Tradingview

下降局面では、ビットコインは30,300ドルまたは潜在的に29,650ドル付近でサポートされる可能性があるため、当面のサポートレベルを検討する必要があります。

もし価格が29,600ドルを大きく下回れば、28,700ドル、あるいはそれ以下の27,900ドルあたりまで下落する可能性があります。

従って、価格がこのレベルを下回るようであれば、ビットコインの潜在的な売りチャンスの重要な指標となる可能性があるため、31,000ドルレベルを注意深く監視することが重要です。

2023年に注目すべき仮想通貨トップ15


2023年に注目すべきデジタル資産トップ15のランキングを定期的にチェックすることで、最新のICO(イニシャル・コイン・オファリング)プロジェクトや代替仮想通貨の最新情報を入手しましょう。

この厳選されたリストは、Industry TalkとCryptonewsの業界専門家によって編集されたもので、プロの推薦と貴重な洞察が保証されています。

仮想通貨の最適購買価格


仮想通貨比較表

Cryptocurrency Price Tracker – 出典:Cryptonews