このシグナルが正しければ、ビットコイン価格は底値に近づいている可能性がある

出典: Adobe Stock

ビットコイン(BTC)は、2021年11月に史上最高値の約69,000ドルに達して以来、10カ月間の下落トレンドに陥っています。しかし、過去のデータから、主力暗号通貨は弱気相場の後期に入っており、価格の底が近い可能性があることが示唆されています。

このデータは、ブロックチェーン分析会社Glassnodeによる最新版「Week Onchain」レポートで指摘されたものです。市場価値対実現価値(MVRV)を用いて、ビットコインのスポット価格を市場参加者の異なるコホートのコストベースと比較評価したところ、ビットコインの価格底打ちが近いかもしれないと指摘されました。

分析では、市場全体、長期保有者(LTH)、短期保有者(STH)の3つの市場参加者のコホートが特定されました。スポット市場価格と彼らの様々なオンチェーンコストベースを比較すると、彼らのMVRVは1以下の比率で約56日間過ごしており、すべてのコーホートが含み損を抱えている領域であることが判明しました。

56日という日数は、過去の弱気市場の平均的な底値形成期間である約190日よりも短いことは認めますが、それでもこの比率は、STHの財務的負担が長期化していることを示します。他の弱気市場で観察されるように、このような期間は通常、サイクルの頂点付近で購入されたコインがかなり低い価格で売られるキャピチュレーションが続きます。

「これはキャピチュレーションと同義であり、サイクルトップ付近で購入されたコインが売却され、かなり低い価格で取引されることになる」と報告されています。

ビットコインが10ヶ月間ドローダウンしているにもかかわらず、このキャピタレーション・クロスオーバーの段階には到達していません。しかし、市場の軌跡からすると、間もなく(9月中旬までに)期待できるはずだとGlassnodeは述べています。また、市場が回復するまでには145日から339日程度かかるといいます。

他の指標でも、ビットコイン価格の底が近いことを指摘している

基本的に、MVRV比率は、価格が「公正価値」の上下にある場合の感覚を得るために、時価総額とその実現された時価総額を比較し、市場の収益性を評価するものです。

Glassnodeの分析は、ビットコインが過去3ヶ月間、高値25,000ドル前後、安値17,500ドルの間で推移し、この間の相当な時間を20,000ドルの価格周辺で過ごした後に行われたものです。

他の分析でも、価格の底値はこの範囲にあると予測されています。CNBCは先月末、トレーダーが使用するもう一つの重要な市場指標であるビットコインハッシュリボンが、底値の可能性を示す買いシグナルを点滅させたと報じました