ビットコイン価格予想: BTCは2.5%下落

Ali B.
| 3 min read

牛とビットコイン

最近の取引セッションで、ビットコインは2.5%の下落を経験し、将来の動向に関する関心が大きくなっています。市場参加者が様々なテクニカル指標や市場動向を分析する中で、ビットコインの次の動きに影響を与える可能性のある要因を理解することが極めて重要になっています。

このビットコイン価格分析では、現在の市場環境、主要なサポートとレジスタンスレベル、そして近い将来のBTC価格のシナリオについて説明します。

FRB利上げ期待度


大きなマクロイベントとして期待されていた先週金曜日の米国個人消費支出(PCE)指数データは、予想を下回る結果となりました。しかし、連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを延期しないことを示唆するデータが出たため、ドルは上昇しました。ドルインデックス(DXY)は0.15%上昇し101.81となりました。

5月3日のFRBの金利決定で25bp引き上げられ、5%から5.25%になる可能性が高いです。さらに、6月に上昇する確率は27%に上昇しました。

FRBがこの戦略から逸脱し、25bp以上の引き上げを示唆した場合、米ドル高を示すタカ派となり、結果としてBTC/USDの価格は下落することになります。したがって、このマクロ経済イベントはボラティリティを引き起こす可能性があるため、投資家は警戒しています。

テスラは2023年第1四半期もビットコイン保有


テスラの第1四半期決算によると、2023年の最初の3ヶ月間、一貫したビットコイン残高を維持していたことがわかります。同社の発表によると、2023年第1四半期に保有していたデジタル資産は、2022年第4四半期と同じ1億8400万ドルでした。

同企業が不安定な四半期を通じてビットコインを購入も売却もしなかったことが明らかになり、そのことがビットコイン界隈で話題を呼んでいます。

さらに、この決定は、長期的な投資戦略や仮想通貨の将来の成長に対する自信の表れを示している可能性もあります。しかし、テスラの姿勢に市場がどう反応するかは、まだ不透明です。

今後、仮想通貨市場全体の方向性やBTC/USDの価格に大きな影響を与える可能性があるため、多くの人がテスラの業界への影響を注視することになるでしょう。

ビットコイン価格


BTC/USDペアは28,591ドルで取引されており、1日で2.5%下落しています。米PCEデータで6月にもFRBが利上げするとの観測が広がり、ビットコイン価格は下落しました。ビットコイン価格は29,600円台から28,640円台まで下落しています。4時間足では、ビットコインは29,000前後のサポートエリアであった50日指数移動平均線を下回りました。

ビットコイン価格チャート

ビットコイン価格チャート – 出典:Tradingview

ローソク足の形成は、弱気バイアスが市場に広がっていることを示唆しており、同時にRSI&MACD指標は売りゾーンにあり、今日のビットコイン価格の下落トレンドの可能性をサポートしています。

下側では、ビットコインは、4時間のタイムフレームで見ることができるトレンドラインによって拡張されている28,000レベル周辺で当面のサポートを見つける可能性があります。この28,000レベルを割り込むと、BTC価格は次のサポートレベルである27,195に向かう可能性があります。

BTCを購入する

2023年に注目すべき仮想通貨トップ15


ビットコイン以外にも、新進気鋭のアルトコインやプレセールトークンなど、大きなリターンが期待できる有望な仮想通貨が数多く市場に登場しています。

Cryptonews Industry Talkチームは、2023年のトップ15仮想通貨をリストアップしました。各仮想通貨は、短期および長期の成長において強固な見通しを示しています。

免責事項:Industry Talkのセクションは、仮想通貨業界のプレーヤーによる洞察を掲載しており、Cryptonews.comの編集内容の一部ではありません。

仮想通貨の最適購買価格


Cryptocurrency Price Tracker

Cryptocurrency Price Tracker – 出典:Cryptonews