ビットコインの採掘難易度、過去12カ月で最大の下落に

Sead Fadilpašić
| 1 min read
出典: Adobe/agnormark

 

ビットコイン(BTC)採掘難易度はちょうど1年で最大の減少を示し、この厳しい暗号の冬の間に採掘者が収益性を高めるのに役立ちました。

ビットコインの採掘難易度、または採掘報酬を得るために競争することがいかに難しいかを示す指標は、今日5%低下しました。これは、今年3月中旬に最後に見られたレベルである27.69Tまで下がりました。

注目すべきは、難易度がこの割合に近くなったのは2021年7月18日で、難易度はわずか13.67Tでした。この下落は、その2週間前に約28%という大規模な下落があったことに続くもので、これは今でもネットワークの歴史上最大の下落幅です。

今回の調整で3回目の下落を記録し、最後の上昇は6月上旬に記録した1.29%で、採掘難易度は過去2番目の高さである30.28Tに達しました。

ハッシュレート(ネットワークの計算能力)は、2週間前の前回の難易度調整以降、低下している。BitInfoCharts.comのデータによると、この期間の7日間移動平均ハッシュレートは7%以上低下しています。

一方、ビットコインの採掘収益性は、ビットコインの価格が高く推移したため、同期間に13%上昇しました。

 7-day moving average. Source: bitinfocharts.com

ByteTreeのデータによると、過去1週間および過去3ヶ月間、採掘者は新たに生成したBTCを、保有するビットコインと比較してより多く消費しているとのことです。

出典: terminal.bytetree.com

これらはすべて、特に厳しい暗号の冬の間に行われたものです。とはいえ、18:51 UTCに、ビットコインは22,846米ドルで取引されており、1日で4%ダウン、1週間で13%アップしています。

____

詳しくはこちら:
‘The Reckoning’ & ‘The Best Time’ to Enter Bitcoin Mining as Firms Diversify Amid Bear Market
Q2 Saw Over 59% of Bitcoin Mining on Sustainable Energy Mix – Bitcoin Mining Council

Bitcoin and Hard Assets Will Win as Inflation Rises, Novogratz Says and Sees BTC at USD 500K
Crypto Winter Will End Before 2022 Is Out – Korbit