ビットコインのマイニングの難易度が過去最高水準に、収益性が低下する状況下で

Source: AdobeStock / LIGHTFIELD STUDIOS

 

本日、ビットコイン(BTC)のマイニングの難易度(マイニング報酬を競う難しさの尺度)が今年1月以降で最も急上昇し、過去最高値に近づき、事業収益性が低下している時期にマイナーの利幅を切り崩すことになりました。

9.26%上昇し、30.98Tに達し、今年5月に達成した過去最高値の31.25Tに近づきました。難易度は、各ブロックの採掘間隔が10分となるよう、ほぼ2週間ごとに自動調整されます。最近では、9分前後で推移しています。

一方、8月18日の前回の難易度調整以降、BTCの価格も15%以上下落したため、マイニングの収益性は15%以上低下しました。ハッシュレート(ビットコインネットワークの計算能力)は同期間に急上昇しました。

Source: Bitinfocharts.com


また、この1週間で、マイニング企業はBTCの純資産量を増やしました。

terminal.bytetree.com

08:19 UTCの時点でBTCは20,283米ドルで取引されており、1日で1%、1週間で6%下落しています。 
___
詳しくはこちら: 
- Is It Time To Begin Talking Seriously About Bitcoin Tail Emissions?
- Bitcoin Miners in Q2 Sold 660% of What they Sold in Q1 - Report

- No ‘Black and White’ Answer to the Proof-of-Work vs. Proof-of-Stake Question, Says Kraken
- Q2 Saw Over 59% of Bitcoin Mining on Sustainable Energy Mix - Bitcoin Mining Council