ビットコインマイナーのHut 8がBTCの販売を停止、半減を前に価格に強気を維持

bitcoin

画像引用先:Pixabay

Bitcoin(BTC)のマイナーであるHut 8は、次の半減期に備えて、運営資金のための売却なしに9月に111 BTCを生成しました。

同社は、9月のマイニングと生産のアップデートを発表し、その容量、成長、追加投資、およびパートナーシップを公開。

リリースによれば、マイナーはBitcoinで9,366を保持しており、価格が急落しても巨大な資産準備を持つ数少ない上場企業の一つとなりました。

先月生成された111 BTCで、アルバータ施設での容量が2.6EH/sに達し、9月には1日あたり3.7 BTC、42.7 BTC/EHの日次生産量を記録しました。

BTC販売なしでも問題なし


通常、デジタルアセットマイナーは、生成された収益の一部として、運営資金を確保する目的で生産量の一部を売却します。

売上は、資産価格の低下、規制のボトルネック、生産コストの増加など、企業が生き残るために異なる戦略を考える要因が重なるベア市場で増加します。

近年、多くのマイナーがマイニングのリザーブとハードウェアを売却していますが、Hut 8は生産量が増加する一方でアセットの売却がない市場に対して強気です。

コミュニケーションズのシニアバイスプレジデントであるErin Dermer氏は、最近の市場の動向を受けてビットコインを売却していないことは非常に幸運であると述べました。

企業の収益は昨年の数字を下回っていますが、これは前の月にネットワークの難易度が増加していると会社が繰り返し指摘しているからです。

Hut 8は、2023年第2四半期に1980万ドルの収益を計上しましたが、これは昨年の4300万ドルの収益から50%未満です。2022年第2四半期の収益は、価格を低下させたFTXのクラッシュの影響を受けていなかったことに注意すべきです。

多くのマイナーは現在、人工知能(AI)企業の増加により人気が出ている高性能コンピューティングに目を向けています。企業も収益を増やすためにこのセクターに進出することを検討しています。

今後の計画


同社は来年のビットコイン半減期を見据えており、これによりマイナーの収益は減少しますが、歴史的には高い強気市場が先行しています。

Hut 8は、来年に向けて生産を増加させ、潜在的に価格が上昇するチャンスを活用して運営を改善しようとしている唯一のマイナーではありません。

“半減期を迎えた後、一部のマイナーは効率が最優先となり、難易度が上昇し、ブロック報酬が半分に減る中で頭を抱えることになるでしょう。Hut 8は長い間ビットコインのHODLerであり、時間の経過とともに価値が上昇すると確信しています”

同社は、司法的手続きを経て、U.S. Data Mining Group, Inc.とのパートナーシップを締結する寸前です。

CEOのJamie Leverton氏は、この取引が同社の運営に対するフィアット収益の流れを改善すると指摘しています。

「投票とブリティッシュコロンビア最高裁の私たちのアレンジメント計画の承認は、高性能コンピューティング、ホスティング、および管理されたインフラストラクチャ運営において高度に多様化したフィアット収益の流れを持つ新しいHut 8に向かって私たちを前進させ続けています…」