ビットコインETFの注目者たち、金曜日に「何らかの発表」を待つ

bitcoin-etf

画像引用先:iStock/Photographer, Filmmaker, Designer

観察者たちは、ビットコイン(BTC)の上場投資信託(ETF)に関する潜在的な発表を金曜日に期待しています。

10月20日、コロンビア特別区の裁判所がGrayscaleのビットコイン信託(GBTC)をETFに転換することを求めたのに対して、8月の意見を固める可能性のある命令を発行する予定です。

米国証券取引委員会(SEC)は最近、以前の判決に対する控訴をしないことを決定し、プロセスの次のステップに対する期待を高めています。

Bloomberg IntelligenceのElliott Stein氏とJames Seyffart氏を含む業界アナリストたちは、SEC、Grayscale、または裁判所から次の行動に関する何らかの発表または追加情報を予期しています。

Seyffart氏は、「SEC、Grayscale、あるいは可能性としては裁判所から、次に何が起こるのかについての何らかの発表や追加情報を待っています」と述べています。

“これは初の状況であるため、完全な次のステップを真に知ることはできません。”

Grayscale社のケースの進展で、ETFの承認がさらに明確になる可能性


GrayscaleのGBTCをETFに転換することに関する進展は、不確実性に包まれているETF承認プロセスに必要な明確さをもたらす可能性があります。

多くの業界関係者は、SECがGrayscaleの手続きや他の数多くの未解決のETF申請をどのように扱うか不明でした。

一例として、暗号通貨投資家のMichael Novogratz氏は、SECが今年中にビットコインETFを承認するとの信念を表明しています。

Grayscale社は、GBTCをETFに転換することで、その保有者に対して顕著な価値を解放できると主張。

過去にSECが躊躇していたにもかかわらず、BlackRock社やInvesco社を含むいくつかの企業が現在、自社のETF製品の立ち上げを目指して競い合っています。また、Novogratz氏が率いるGalaxy Digital社は、提案においてInvesco社と提携しています。

Bloomberg Intelligence社は、最も可能性の高いシナリオは、Grayscale社の申請がBlackRock社など他の発行体のものと同時に承認されることであると示唆しています。

さらに、ARK Investment Management社のCathie Wood氏も同様の見解を反映しており、SECに複数の申請を一度に承認するよう主張しています。

最近のインタビューで、SECのGary Gensler委員長は、スポットビットコインETFの潜在的な立ち上げ日に関してはっきりとした回答を避ける傾向にありました。

しかし、彼は開示レビューチームについて語り、機関が発行体に対して応答し、フィードバックを提供していると主張しました。

投資会社、修正申請を提出


報道によると、世界最大級の資産運用会社の一つであるFidelity Investments社は、提案されたWise Origin Bitcoin Trustに関する修正申請を提出しました。

この修正は、顧客のビットコイン保有の安全な保管や、暗号通貨に関する規制環境に伴うリスクの開示など、重要な側面に対処しています。

また、Fidelity社のこの動きは、最近スポットビットコインETFのための自社の提出書類を修正したArk Invest社とInvesco社による類似の行動に続くものです。

これらの展開は、将来のETFプロバイダーとSECとの間の継続的な議論を示しており、トレーダーや市場観測者の間で楽観的なセンチメントが急増しています。