伝記作家のMichael Lewis氏、FTXの経営失敗と失われた数十億ドルを暴露

Michael Lewis

画像引用先:CBS News

伝記作家のMichael Lewis氏は、仮想通貨王Sam Bankman-Fried氏の金融帝国内における経営上の失敗と、数十億ドルの驚くべき消失について暴露しました。

2008年の金融危機を解明したウォール街の不正行為の調査で知られるLewis氏は、CBSの60ミニッツで自身の調査結果を共有。FTXを巡る疑惑と、Donald Trump氏に賄賂を贈って2024年大統領の野望を放棄させる陰謀疑惑を掘り下げました。

Bankman-Fried氏は今週、詐欺容疑で裁判を受ける予定だが、顧客の資金をFTX取引所から姉妹会社アラメダ・リサーチに移し、贅沢なライフスタイルの資金として利用した疑いで司法省から告発されています。

こうした告発にもかかわらず、 Bankman-Fried氏は無罪を主張し、Lewis氏の尋問では事態の深刻さを軽視しているようです。

Lewis氏はBankman-Fried氏に対し、自身のプライベートファンド内に80億ドルの顧客資金が存在することを認識していなかった点を問い詰めたといいます。

これに対してBankman-Fried氏は、これを単なる「四捨五入の誤差」と呼び、当時はその金額が取るに足らないものに感じられ、まるで無限に自由に使える資金があるかのように気にも留めていなかった、と供述。

Lewis氏はまた、FTXが11月11日に破産申請した後に指揮を執ったFTXの新経営陣の主張も支持しました。

彼らは、Bankman-Fried氏の在任中にコーポレート・ガバナンスが不十分だったことについて懸念を表明。

「彼の親友でさえ、社内では『Samは人を管理するのに向いていない』と言っていた」とLewis氏は語りました。

Bankman-Fried氏、大統領選に立候補しないようにDonald Trump氏に賄賂を渡すことを検討


Lewis氏は、Bankman-Fried氏がFTX破綻前、Donald Trump氏に次の大統領選に出馬しないよう最大50億ドルを提供することを検討していたことを明らかにしました。

「Samは『Donald Trumpに大統領に立候補しないようにお金を払えばいいのに』と考えている。一体、いくらかかるのだろうか?」とLewis氏は語った。

「彼は返事をもらっていた。彼はある数字を提示された。私がSamとこの件について話していたときに出回っていた数字は50億ドルだった。Samは、その数字がTrumpから直接出たものだとは確信していなかった」

Lewis氏は最後に、Bankman-Fried氏が自身の無実を心から信じていると述べ、FTXは預金者間のパニックにつながる悪評による影響がなければ、嵐を乗り切ることができたであろう「素晴らしい本物のビジネス」であったと語りました。

つい最近、Bankman-Fried被告を代理する弁護団は、裁判中に提示できる具体的な主張について、事件を担当する米国判事に明確にするよう求めました。

月曜日の提出書類によると、彼らの目標は、FTX.USが適用される規則を遵守していたことを認めながら、FTXが米国で規制されていないと主張する能力についてより深く理解することです。

さらに、彼らはこの不名誉な仮想通貨王に対し、現在進行中の破産訴訟におけるFTX債権者による多額の回収の可能性や、同氏の慈善寄付や慈善活動を裁判に含めることについて話し合う許可を求めています。

一方、Bankman-Fried氏の裁判は、陪審員の選出を経て火曜日午前9時30分(東部時間)に開始される予定です。

検察側はこの手続きが1日以内に終わると予想していることを示しており、早ければ10月4日にも初弁論が始まる可能性があることを示唆しています。