. 0 min read

BinanceのステーブルコインBUSD、時価総額はピーク時から90%下落 – Binance取引所に影響はあるのか?

BinanceのステーブルコインBUSD

画像引用先:AdobeStock/Iryna Budanova

Paxos社が暗号資産取引所Binanceのために発行したステーブルコイン、Binance USD(BUSD)は、昨年のピークから市場資本額が90%以上減少しています。

CoinGeckoのデータによれば、BUSDの市場資本額は、2022年11月15日に記録された2,350億ドルの最高値から急落しました。現在の市場資本額は約21億ドルであり、これは市場資本額が840億ドルと250億ドルであるUSDTとUSDCというステーブルコインよりもかなり低いです。

BinanceのステーブルコインBUSD、時価総額はピーク時から90%下落

画像引用先:CoinGecko

BUSDの市場資本額の減少は、部分的にはその発行者である米国企業Paxos社に対する規制行動に起因しています。

今年初め、証券取引委員会(SEC)とニューヨーク金融サービス地区(NYDFS)の両方がPaxos社に対する規制行動を開始しました。

これらの行動を受けて、Binance社はプラットフォームでBUSDの使用を控える方向に移行すると示し、ユーザーに対して、BUSDの残高を香港拠点のFirst Digital Group社によって発行された新しいステーブルコインFDUSDに変換するよう促しています。

Binance社によるこの動きの結果として、First Digital USD(FDUSD)の市場シェアは上昇。CoinGeckoによれば、現在の市場資本額は約4億7千万ドルに近づいています。

BinanceのステーブルコインBUSD、時価総額はピ

画像引用先:CoinGecko

Binance社のユーザーは、手数料なしでBUSDをFDUSDに交換することができます。また、以前の報告によれば、Binance社は2024年2月までに徐々にBUSD製品へのサポートを減らす計画です。

そして、BUSDの市場資本額が減少しているにもかかわらず、規制に対する圧力に従ってBUSDへのサポートを徐々に減らしているため、Binance社の全体的な運営に与える影響は大きくないと考えられます。