ロシアのBinanceユーザー、CommExだけでなく他のプラットフォームに移行している:レポート

Yamada
| 2 min read

shutterstock-1285788715-m

Binanceのロシアのクライアントの多くが、新規オーナーであるCommExだけでなく、他の代替プラットフォームに移行していることが分かっています。

SatoshkinのCEOであるDmitry Stepanin氏が地元メディアKommersantに最近行ったインタビューで、peer-to-peer(p2p)オペレーションの活動減少がわかり、この移行は明らかなものとなりました。

Stepanin氏によると、プロのp2pトレーダーは10%から30%の減少を報告しています。

2023年初頭、Binanceは日に約7,700件のルーブルp2p取引広告を計上していました。

しかしこの数は、年半ばには6,300に減少し、9月末には3,400に急落。

そして、10月3日時点ではBinanceにおけるルーブル取引のデータは利用できませんでした。

Stepanin氏によれば、暗号通貨トレーダーの大多数は、積極的にサービスを宣伝しているByBit取引所に移行しています。

Binanceと似た他の取引所、例えばHuobi、Bitget、KuCoin、Gate.ioも、追加の資金流入を引き付けると予想されています。

P2P取引および暗号通貨取引所間の裁定の分析サービスであるP2P.Armyによるデータは、これらの代替取引所におけるアクティブな広告の着実な成長を示しています。

例として、Huobiは今年の前半に3,900から4,000件の広告を掲載していたのが、9月には4,300に増加し、10月初めには4,500を超えました。

ByBitも、年の前半に1,800件の広告から10月には2,700件以上に増加しています。

100万人のBinanceユーザーがCommExに移行


CommExのCEOであるAnton Toroptsev氏は、Kommersantに対して、以前のBinanceユーザーは彼らのプラットフォームに参加するか、他のオプションを探るかを自由に選ぶことができると述べました。

“しかし、私たちに参加するか、別のプラットフォームで運を試すかは、各人が個人的に選ぶことになります。”

彼はおおよそ100万人のユーザーがCommExに移行すると予想しています。

さらに、独立した財務アナリストのAndrei Barkhota氏は、少なくとも70万人のロシア人がBinanceに登録していると見積もりました。

Binance自体はロシアのクライアントの正確な数を公表していません。

BinanceからCommExへのクライアントの移転プロセスは段階的に行われます。

現在、ユーザーはBinanceアカウントを使用してCommExにログインできますが、基本的なKYC情報とログイン詳細のみが共有されます。

Toroptsev氏によれば、一週間以内に完全なKYCデータの転送が可能となります。

資産転送の開始は現在、ユーザーだけに依存しています。

CommExは次の3つのオプションを提供します:Binanceを続けて使用し、さらなるアップデートを待つ、Binanceのデータを使用してCommExアカウントを登録する、またはCommExに新しいアカウントを登録し、後の段階でBinanceから資産を転送する、の3つです。

Barkhota氏によれば、移行プロセスは1か月から3か月かかると予想されています。

規制圧力の中、Binanceがロシア市場から撤退


Binanceがロシア市場から撤退する主要な理由は、アメリカの規制当局からの圧力に起因しています。

同取引所は、そのプラットフォームを使用してマネーロンダリングと制裁の回避の告発を受けてきました。

Binanceは、2022年にウォレットの保有を10,000ドルに制限し、p2pプラットフォームでの外貨の購入を禁止するなど、ロシアユーザーに対して徐々に制限を課しました。

そして今年、取引所はロシア人がルーブル以外の通貨で仮想通貨を取引することを禁止しました。

特筆すべきことに、Barkhota氏によれば、Binanceはロシアのクライアントから年間約4億から5億ドルを稼いでいました。

InDeFi Smart Bankの責任者であるSergei Mendeleev氏は、Binanceが完全にロシア市場から撤退しているわけではなく、ロシアユーザーとのスムーズな運営を促進するためにブランド名を変更していると主張しました。

CommEXがBinanceに所有されているとの憶測がありましたが、これは契約の控えめな性質と、取引所が創設されてからわずか数日しか経っていない事実に起因しています。

しかし、Changpeng Zhao氏とCommExの両方がこれらの告発を否定しています。