Binance(バイナンス)の地域責任者、会談後にロシアへの顧客データ引き渡しに合意 – ロイター

Fredrik Vold
| 1 min read
Source: AdobeStock/prima91

 

大手暗号取引所Binanceの現地代表が、ロシアの金融情報部門Rosfinと会談し、当局が取引所に「犯罪との戦いを助けるために」顧客データを渡すよう求めたと報じられています。ロイターが今日報じたところによると、データの引き渡しの許可は、取引所の地域責任者によって与えられました。

2021年4月にモスクワで行われた会議で、Binanceの代表はロシア政府に対し、ユーザーの名前や住所などの顧客データを提供するよう求められたといいます。

それによると、Binanceの東欧・ロシア担当のグレブ・コスタレフ氏は、会議に出席した同社の代表から依頼を受けた際、同僚に「選択の余地はあまりない」と話し、顧客データの引き渡しに同意したといいます。

ロイター通信は、「この問題に詳しい人物」を引用して、ロシアの野党政治家アレクセイ・ナワリヌイ氏が投獄された際に集めた「数百万ドル」相当のビットコイン(BTC)を追跡するためにロスフィンが行った作業の結果として、この会議が起きたと報じています。

ナワリヌイ氏によると、この寄付金は、ウラジーミル・プーチン大統領を含むロシア政府高官の汚職を暴くための活動資金として使われているといいます。

バイナンスのコスタレフ氏は、この記事についてコメントしなかった。しかし、暗号取引所の代表者はロイターに対し、ナワリヌイ氏に関してロシアから連絡を受けたことはないと述べました。Cryptonews.comはBinanceにコメントを求めました。

それでも、同取引所は、ウクライナ戦争が勃発する前に「ロシアで積極的にコンプライアンスを求めていた」ことを認めました。そして、「規制当局や法執行機関からの適切な要求」に対応することを要求していると付け加えました。

取引所の法務担当者はさらに、「ロシア政府との積極的な関与は、紛争のため現在停止している」と述べました。

しばらくの間、Binanceがロシアの暗号取引市場でより強力な足場を得ようとしていることは広く報告されています。今年1月、取引所は、元ロシア銀行幹部のオルガ・ゴンキャロワ氏を同国の政府関係の責任者として採用したと発表しました

同時に、Binanceはウクライナでも同様の措置を取り、元政府高官のKyrylo Khomiakov氏を現地ディレクターとして採用しました。

バイナンスは戦後、ウクライナ政府からロシア人ユーザーの利用禁止を要請されながらも、ロシアでの営業を続けてきました。また、Binanceはロシア・ルーブルに対するBTCとUSDTの取引を提供している数少ない世界的な取引所の1つです。しかし、昨日報道されたように、バイナンスはロシアに対して制限的な措置が取られているため、ロシア国民またはロシアに居住する自然人、あるいはロシアに設立された法人で、1万ユーロ(1万900米ドル)を超える暗号資産を保有する者に対するサービスを制限することが求められていると発表しています。
____
詳しくはこちら:
As More Russians Support Massacre in Ukraine, Here’s How Some Big Crypto Companies Respond
Binance Wins Day in Court, US Judge Dismisses Lawsuit

Binance Joins Russian Banking Union, Will Head New Crypto Department
Binance Invests USD 200M in Forbes