規制に関する懸念の中、Binance社はヨーロッパでのVisaデビットカードサービスを停止

規制に関する懸念の中、Binance社はヨーロッパで

画像引用先:Adobe/prima91

数ヶ月前にVisaとMastercardがBinanceとのパートナーシップを終了したことに続き、世界最大の暗号通貨取引プラットフォームは現在、ヨーロッパ経済地域(EEA)でのVisaデビットカードサービスを停止しています。

Binanceは、2023年12月20日にヨーロッパ経済地域(EEA)でのVisaデビットカードサービスを中止する予定であることを、10月20日のブログ投稿の発表で知らせました。それにもかかわらず、Binanceの取引口座には影響がなく、ユーザーは指定された日まで既存の物理カードまたはバーチャルカードを通常通り使用することができます。

“BinanceカードサービスはEEAでの提供を終了しますが、2023年12月20日00:00 (UTC+0)まで、既存の物理カードまたはバーチャルカードを通常通り使用することができます。あなたのBinanceアカウントには影響はありません。ご不便をおかけして申し訳ありません。”

Binanceは2020年9月にEEAでVisaデビットカードを初めて導入し、ロシアへの拡大やアメリカ合衆国への進出も検討していました。このカードを使用すると、ユーザーはBinanceアカウントに保有されている暗号通貨を現地通貨に変換でき、店舗やオンラインでの購入に暗号通貨を使用できるようになりました。Binanceは、このカードを27の欧州連合加盟国全てとアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーを含むEEAにおいて、60万以上のオンラインおよび物理店舗で暗号通貨を変換し、使用するための手段としてヨーロッパ居住者に宣伝していました。また、カードのユーザーにはキャッシュバックボーナスも提供されていました。

「Binanceカードを使用すると、ヨーロッパの居住者は60万以上のオンラインおよび物理店舗で暗号通貨を変換し、使用することができます」と同社は述べていました。

EEAでのBinanceのVisaデビットカードサービスの中止は、認証された難民向けに設計されたウクライナ難民クリプトカードプログラムにも影響を与えます。この変更がいくつかの課題を引き起こす可能性がありますが、Binanceはユーザーに対し、ヨーロッパの主要アカウントは影響を受けないと保証しています。

トランザクションはBinance Payアプリを通じてまだ実行することができますが、6,000万のグローバルマーチャントの広範なネットワークのサポートを受けていたVisaカードと比較して、これが受け入れが減少する可能性があるということを注意することが重要です。

ユーザーは12月6日までに代替カードを注文するオプションが与えられます。さらに、キャッシュバック報酬プログラムは引き続き運営され、Visaデビットカードサービスの廃止後もユーザーに利益を提供します。

Binance、規制上の課題やパートナーシップの解消により一連の挫折に直面


Binanceの、Visaデビットカードサービスを欧州経済領域(EEA)で中止するという決定は、8月にVisaがBinanceとのパートナーシップを解消したことを発表して以来、取引所が直面している一連の挫折の一部です。9月には、Mastercardもアルゼンチン、ブラジル、コロンビア、バーレーンを含むいくつかの国でBinanceとのパートナーシップを解消しました。これらの大手カードプロバイダーによる動きは、Binanceが現在直面している規制上の闘争の文脈で見られています。

Binanceがヨーロッパで課題に直面している一方で、最近では支払い処理業者のPaysafeが取引所へのサービスを中止したために、1ヶ月間利用できなかったユーロの入出金を復活させました。

アメリカでは、Binance.USが6月に米ドルの預金を一時停止し、引き出しの停止の可能性に関する警告を発しました。これらの課題に対処するため、同社はMoonPayと提携し、米国のユーザーがプラットフォーム上でテザー(USDT)を購入できるようにしました。最近、Binance.USは、米国の顧客がアカウントからドルを引き出す際にそれをステーブルコインに変換できると発表しました。

Binanceは米国で規制当局の監視が強まっています。6月には、米国証券取引委員会(SEC)がBinanceとそのCEOであるChangpeng Zhao氏を、疑われる証券規則違反のために訴えました。今年初めには、商品先物取引委員会(CFTC)も、Binanceが規則を無視し、アメリカのユーザーに取引所へのアクセスを許可したとしてBinanceを訴えました。これらの主張に対してBinanceは反論しています。

これらの規制上の圧力が高まる中、Binanceは従来の金融システムからますます孤立している状況にあります。取引所は2月に米国の銀行システムでの制限に直面し、5月にはオーストラリアで特定の銀行振込を受け入れることができなくなりました。さらに、BinanceはVisaとMastercardを介して仮想通貨を受け入れることができるBinance Connectサービスを閉鎖しました。

Binanceの大手カードプロバイダーとの関係が悪化する一方で、PayPalやVisaなどの他の従来の金融機関は、デジタル通貨への関与を拡大することに興味を示しています。例えば、VisaはUSDCステーブルコインの決済能力をSolanaに拡大し、WorldpayやNuveiとのパイロットプログラムのためのパートナーシップを結んだことを発表しました。