Binance、第25四半期のBNB焼却を完了、4億5300万ドルの価値を除去

4億5300万ドルの価値を除去

画像引用先:AdobeStock/akif

世界大手の暗号通貨取引所の一つであるBinanceは、独自の暗号通貨であるBinance Coin(BNB)の供給を減らすため、第25回目の四半期BNBトークン焼却に成功し、完了となりました。

この最新の焼却で、合計2,139,182 BNBトークンが流通から取り除かれ、約4.53百万ドルの価値が消滅しました。

7月には、Binanceが第24回四半期BNB焼却を発表し、約1.99百万トークン(約4億8400万ドル相当)が流通から削除されました。

Binanceは、一連のトークン焼却を通じて、総供給量の半分にあたる1億以上のBNBを排除することを目指しており、最終的な目標は流通中のBNBを1億に保持することです。

BNB、グリーン・ポジションを維持


2017年10月に開始されたこの実践は、毎四半期に一定数のBNBトークンを排除することで、希少性を高め、それによって潜在的な価値上昇を生み出すことを目的としています。

大量のトークンが焼却されたにも関わらず、今回の市場の反応は比較的控えめで、BNBは約$213で取引され、過去24時間で2.74%の増加を示しています。

BNBの焼却プロセスは、Auto-Burn式を通じて慎重に計画されており、コインの価格とBinance Smart Chainで生成されたブロックの数が考慮されます。

これにより、トークンの焼却メカニズムの透明性を確保する、独立して監査可能で客観的なプロセスが提供されます。

また、数字は四半期ごとに報告され、投資家や暗号通貨コミュニティに供給削減の明確な洞察を提供します。

なお、焼却メカニズムは、Binanceの中央集権型取引所とは独立して運営されています。

さらに、別個に運営されているBNB Chainは、特別なメカニズムを使用して、BNB Chainのガス手数料の一部をリアルタイムで焼却し続けています。

この継続的な供給削減と、取引手数料への応用は、BinanceがBNBの価値を管理し向上させるための多面的なアプローチを強調しています。