Binance、EURサービスを提供するためフィアットパートナーとの提携を発表 – 最新情報はこちら

binance-media-library-ori

画像引用先:Adobe

仮想通貨取引所大手Binanceは、ユーロ取引を提供するための新しいフィアット通貨提携を導入しました。同取引所は、イニシアチブが開始され、ユーザーがすでに新しいサービスに移行したことを確認しました。

この新しいパートナーシップは、オープンバンキングを通じたユーロ(EUR)の預金および引き出し、SEPA(Single Euro Payments Area)を含むさまざまなフィアットサービスの導入を約束しています。また、銀行カードとフィアット残高を使用した暗号通貨の購入/販売、およびEURスポットペアも含まれます。

この動きは、Binanceの元EURバンキングパートナーであるPaysafeが同社との取引を停止した1ヶ月後に到来しました。

取引所の木曜日の投稿によると、ユーザーはすでに新しいサービスに移行し始めています。発表では、新しいフィアットパートナーが誰であるかは明示されていませんでした。

Binanceは、フィアットを暗号通貨に、またその逆に変換することの重要性を強調し、これによりデジタル資産の世界的な採用が促進されると述べました。

「暗号通貨の購入または販売のプロセスが直感的でなく、脅威に感じるため、暗号通貨を簡単に購入または販売する方法がなければ、スペースの新規ユーザーにとっては難しいです。フィアットサービスの提供は、暗号通貨エコシステムのすべての参加者にとっての基本的な使いやすさを提供します。」

9月には、Paysafe-Binanceの終了に続いて、いくつかのヨーロッパのユーザーがフィアットの引き出し問題に直面。ユーザーは、暗号通貨の保有を売却して得たユーロを引き出すことができないと不満を述べました。

「フィアットの“オンランプ”と“オフランプ”を持つことは、良いユーザー体験と新しいユーザーおよび暗号通貨ネイティブの両方にWeb3エコシステムへのアクセスを可能にするための鍵です」とBinanceは記しました。

このニュースは、Binanceのフランス支部のマネージングディレクターが辞任し、著名な役員の退社が続いている翌日に発表されました。Binanceはまた、6月にヨーロッパで大きな困難を経験しました。

伝えられるところによると、同取引所はドイツの金融規制当局であるBaFinから、国内で運営するための保管ライセンスの拒否に直面しているといいます。 1か月後、Binanceは監視機関からのライセンス申請を取り下げました。