Binance、タイ警察の仮想通貨関連犯罪ネットワークの取り締まりを支援

Binance、タイ警察の仮想通貨関連犯罪ネットワ

画像引用先:Getty Images

仮想通貨取引所Binanceは、タイ王立警察による複数の仮想通貨関連の犯罪ネットワークの特定と取り締まりを支援する上で重要な役割を果たしてきました。

同社はクリプトニュースに対し、Binanceの捜査チームはサイバー犯罪捜査局(CCIB)およびタイ王立警察中央捜査局(CIB)と協力し、大規模な仮想通貨詐欺の犯人を追跡したと語りました。

CCIBのサイバー支援部門の査察官Thanatus Kangruambutr氏は、仮想通貨関連の詐欺が急増しており、タイでは数億ドルを超える経済的損害をもたらしていると述べています。

“Binanceは、詐欺やサイバー犯罪と戦う上で欠かせない同盟者であり続けます。 私たちはこのパートナーシップを大切にしており、今後も継続していきたいと考えています。”

Binance、2つの主要な作戦に関与


同社の声明には、この取引所はタイ当局とともに「2つの主要な作戦において重要な役割を果たした」と書かれています。

ある例では、Binanceの捜査チームは大規模な豚解体詐欺の犯人追跡に関与し、約100億タイバーツ(2億7,700万ドル)相当の資産を押収。主要な犯罪組織メンバー5人を逮捕しました。

コードネーム「Trust No One」の下で行われたこの作戦は、CCIBと米国土安全保障調査(HSI)がBinanceの支援を受けて実施されました。 そして、この詐欺の被害者3,200人以上が補償を求めて訴訟を起こしています。

Binanceはまた、国境を越えた犯罪組織の広大なネットワークが関与した別の大規模な暗号通貨詐欺にも関係。 捜査チームはタイ国内30か所での犯罪者の逮捕に協力し、16軒の高級住宅、12台の高級車、1600万タイバーツ(44万4千ドル)相当の現金を押収しました。

「私たちはBinanceが提供した支援に満足しています」とテクノロジー犯罪抑制部門の副監督官Panuphat Kittiphan氏は語りました。

“彼らの捜査チームはすぐに必要な情報を提供してくれたので、事件の概要を作成して逮捕状を確保することができ、証人尋問に参加するために捜査員をタイに派遣しました。”

9月、タイ当局は地元投資家から2,700万ドル以上をだまし取った詐欺的な仮想通貨投資プラットフォームに関与した5人の容疑者(すべて外国人)を逮捕しました。

タイの規制当局である証券取引委員会は、今年初めに、投資家の保護を強化することを目的として、仮想資産サービスプロバイダーに対する新しい要件を発行しました。