Base Codeがオープンソースに、Coinbaseは透明性とパートナーシップを強調

coinbase

画像引用先:Adobe

レイヤー2ネットワークのBaseは、透明性、説明責任、およびパートナーシップを理由に、スマートコントラクトコードへの公開アクセスを許可するオープンでの構築を決定したと発表しました。

10月19日、Baseは開発者とコミュニティの双方に対してオープンソースにする決定を説明する声明を発表。すべてのスマートコントラクトおよびWeb GitHubリポジトリにアクセスできると付け加えました。

「私たちは、Baseの契約開発、展開、およびアップグレードプロセスに関する透明性を高めるために、スマートコントラクトリポジトリをオープンソース化しました。Baseのすべての契約とスクリプトはGitHubで公開されています。」

同社は、新しいサービスの導入や拡張を含む開発のあらゆるレベルでのコミュニティ参加を重視していると述べています。

Baseの透明性と説明責任


プロジェクトの背後にいるチームは、コードとGitHubリポジトリを一般に公開することで、より広いコミュニティがその実装を精査し、ネットワークの進捗を追跡できると指摘しています。

デジタル資産交換を支援するレイヤー2ネットワークであるBaseは、Coinbaseのプロジェクト目標とコミットメントを掲げており、今回の動きによってそれが抑制されることを説明しています。

リリースによると、開発者やクリエイターがコードを介して知識ベースにアクセスできる場合、彼らはレイヤー2ネットワークおよびより広いエコシステムのために貢献し、解決策を提案して洗練させ、さらには新しい解決策を構築できるとされています。

「さらに、ドキュメントの改善に関するものであっても、見落とされているバグの発見に関するものであっても、コミュニティからの貴重なフィードバックのためのチャネルを提供します。 この精神に基づき、今日私たちはスマートコントラクトと Web GitHubリポジトリをオープンソース化したことを共有できることを嬉しく思います。」と彼らは付け加えました。

最近、いくつかのプロジェクトにおいて、バグを原因として数百万がプロジェクトから消え去るという悪名高い事件に直面。この不快なトレンドはまた、ユーザーによる公の監査のためのオープンソースコードの作成を求める呼びかけにもつながっています。

複数のブロックチェーンプロジェクトをオープンソース化し、開発者がコードを学習、監査、構築できるようにする。そして、参加を促進し、分散化を促進することを求める声が上がっています。

これに同意する人もいますが、知的財産の保護と数年間の独占権を理由にこの要求を拒否する人もいます。

悪質な行為者発見に対するインセンティブ


ハッカーによって引き起こされる業界の大規模な崩壊が頻繁に起こる中、Baseは事故を防ぐことを目指してコードをオープンソースにするという決定をしています。しかし、ネットワークを支援できる優秀な開発者の注目を集める一方で、悪意のある者たちの目にも留まります。

悪いシナリオを防ぐために、チームは前向きな開発者やコミュニティに対し、コードの脆弱性をチェックし、バグを検出した場合には100万ドルの賞金が出ると公表することで、目を光らせるよう促しています。

「セキュリティに関心があり、当社のコードのいずれかにセキュリティ問題を発見した場合、当社のHackerOne報奨金プログラムは、Baseネットワーク、Baseブリッジ契約、およびBaseインフラストラクチャを対象とし、最大1,000,000ドルの報奨金が支払われます。」