ポルトガル銀行長官、世界的な仮想通貨規制を推進 – あなたが知っておくべきこと

portugal-flag

画像引用先:Zerbor/Adobe

ポルトガル銀行のMário Centeno総裁は、仮想通貨規制の世界的な枠組みに向けた国際協力を呼びかけました。

同氏によると、デジタル資産の性質上、国の努力だけでは投資家を保護することはできず、規制上の裁定取引に悪者が悪用する抜け穴が生じる可能性があるといいます。

10月2日に開催された2023年ポルトガル銀行金融安定会議で講演したCenteno氏は、暗号資産市場(MiCA)規制を賞賛し、数十億ドルの損失をもたらした最近の市場暴落を受けて特定の暗号商品を批判。

一方で、MiCAについて同氏は、強固な規制の枠組みと、各国が法律の規定に基づいて国内のコンプライアンスを推進していることを称賛しました。

さらに、集団的な取り組みの提唱者として、市場がかなり新しいという事実に基づいて「同一リスク同一規制」の原則を求めています。

“今日の金融情勢は、継続的なイノベーション、デジタルプラットフォームへの依存度の高まり、混合活動グループの出現などにより、ますます急速なペースで進化しています。 これらの世界的なリスクと国際的なプレーヤーを国家レベルで規制し、監督するだけで十分だと考えるのは短絡的です。”

また、同氏は規制当局は効果的な規制と市場におけるイノベーションの制限との間でバランスを取る必要があると付け加えました。

世界的には、他の規制当局からも、当局が協力して法律の調和を図ることができる世界的な枠組みの必要性が求められています。

今年、インド首相はG20首脳に対し、国際通貨基金(IMF)と金融安定理事会(FSB)の勧告に沿った枠組みを採用するよう要請しました。

暗号商品の一部は「持続不可能」


同銀行のトップは、世界的な規制の要求とは別に、暗号資産には低価格や国境を越えたリーチなどの一定の利点があるものの、より広範な市場が懸念を引き起こしていると指摘。

さらに、ほとんどの資産が過去最高値を記録したため、新型コロナウイルス感染症のパンデミック中にデジタル資産の勢いが増したが、ここ数年の価格下落とプロジェクトの破綻により、これまでのところ持続不可能であることが証明されていると付け加えました。

注目すべき例としては、Terraネットワークの劇的な縮小や、市場から数十億ドルを消し去り、世界的なボトルネック規制につながった悪名高きFTXのクラッシュがあります。

“暗号資産と分散型金融(DeFi)はこのリスクの例です。 暗号通貨とDeFiの支持者たちは金融の民主化について語っていますが、特にこの分野の高度な技術的性質を考慮すると、それが実現するかどうかは明らかではありません。”

最後に、Centeno氏のスピーチでは、デジタル資産が存続するかどうかは不明だが、欧州の規制当局は従来の金融と分散型金融(DeFi)の間で完璧な相乗効果を生み出していることに黙っていないと主張しました。