フランス銀行副総裁、CBDCを国際決済の触媒とみなす

paris-media-library-origi

画像引用先:AdobeStock/MarinadeArt

フランス銀行の第一副総裁Denis Beau氏は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を新しいグローバルな通貨システムの基盤と位置づけました。

Beau氏によれば、CBDCは、地域的な金融決済やフィアット通貨の代替手段だけでなく、国際支払いを実現するために開発されるべきだといいます。

“CBDCは、新しい国際通貨システムの構築を可能にすることで、国際支払いを改善する触媒となります。”

この銀行の執行役は、CBDC推進を前にも強調していた同僚と同じ立場をとりつつ、特に国際支払いにおいて、CBDCの有用性が最初から明確にされるべきだと述べています。

また、Beau氏は仮想通貨に伴うリスクにもかかわらず、フランスにおいてトークン化に関してブロックチェーン技術がその最大限の潜在能力を発揮することを期待しています。

彼は、トークン化された資産をより効率的に展開するために、私企業と公共部門との連携を呼び掛けました。

フランス銀行の完璧なCBDCモデル


グローバルなCBDC(中央銀行デジタル通貨)の動きが加速する中、同行は、世界中の清算と異なるプラットフォーム間の相互運用性推進を続けています。

副総裁によれば、効果的なCBDCを創り出す二つの方法は、卸売と伝統的モデル間のシナジーを創出し、二つ目は、国際決済銀行(BIS)と国際通貨基金(IMF)の確立されたモデルに沿ったCBDCの創造です。

CBDCの大規模な開発はまた、各取引国において、卸売デジタル通貨を利用して個人の支払いや配達取引を標準化する、自動化された市場メーカー(AMM)を統合するでしょう。

昨年の業界の崩壊と悪意のある行為者による詐欺の割合を受けて、フランス当局はデジタル資産規制を厳格にしています。

暗号資産市場(MiCA)規制が来年ヨーロッパで施行されることが決定していますが、フランス銀行の総裁は、一つの管轄区域内だけの規制では十分ではないとし、より広いグローバルなサポートを求めて効果的な呼びかけをしています。

注目を集めるマリアナ計画


Beau氏はスピーチでマリアナ計画に言及しました。これは、フランス銀行、スイス国立銀行、およびシンガポール金融庁の間の共同の取り組みです。

BISと協力して、中央銀行は仮想通貨の国々の支払い決済および国境を越えたユーティリティをテストしました。

これは、特定の分散型取引所で取引を行う複数のネットワーク間の選択されたブロックチェーン上のトークン標準を使用して動作します。

彼らは実験を成功と評価しましたが、特定のブロックチェーンまたはCBDCを支持していると解釈されることに対して警告しました。

“プロジェクト・マリアナは純粋に実験的なものであり、パートナーである中央銀行のいずれもCBDCを発行したり、DeFiや特定の技術的解決策を支持したりする意図は示していません。”