カナダ銀行、DeFiのイノベーションと金融市場における課題を評価

Yamada
| 2 min read

canadian-flag

画像引用先:Pixabay

カナダ銀行は、分散型ファイナンス(DeFi)の発展と市場規制の可能な進路について並行して、スタッフ分析ノートを公表しました。

10月17日に公開されたスタッフ分析ノートでは、暗号通貨市場の発展段階やその利点、伝統的な金融が直面する課題、リスク、および金融市場への可能な影響と規制について示しています。

報告によれば、暗号通貨資産は当初、ブロックチェーン上に展開される支払いシステムとして開発されました。そしてその後、新しい金融サービス分野に多様化しました。

その分散化の目標を達成するために、DeFiはスマートコントラクトを使用し、複数の取引を決済するための第三者を排除。最終的には、主要なプラットフォームの崩壊と規制の障害が、価格を急落させる前の2.9兆ドルの市場規模に成長しました。

san-chiu

非代替性トークン、分散型ステーブルコイン、および主要サービスから、この資産クラスに伴って全く新しいニッチが展開され、現在の市場において新たなリスクが生じています。

カナダ銀行、メリットを指摘


銀行が強調するエコシステムの利点の一つは、スマートコントラクトの組み合わせ可能性であり、これによりより多くの企業がサービスを作成することが容易になります。

これは、コードのオープンソースを開発者が協力し、他のネットワークの上に構築できるようにするためです。

銀行はまた、サービスの提供の増加、競争の激化、透明性の向上を、伝統的な金融商品よりもエコシステムを魅力的にする理由として挙げています。

金融独占を終わらせることを決意し、ほとんどのサービスで国境を越えた支払いが可能になり、相互運用性の高まりにより、ユーザーは複数のプラットフォームで苦労することなくシームレスな体験を楽しむことができます。

DeFiはまた、様々なチェーンが新しいユーティリティを提供することで、限定され不透明な取引に直面している金融市場の摩擦を減らすことが可能です。さらに、市場はブロックチェーン技術を活用することで、おそらく腐敗している伝統的な仲介者を排除し、実際の力を顧客の手に置くことで、透明性を高めます。

市場リスクと規制


分散型ファイナンスが数多くの利点を持っているにもかかわらず、トークン化の限界、高い集中度、規制されていない中央集権的な機関など、世界の金融市場にいくつかのリスクをもたらしています。

“ブロックチェーンに記録され、スマートコントラクトとやり取りできるのはトークン化された資産のみです。しかし、現時点では実際の資産がトークン化されているのはわずかであり、自己言及的なシステムが主に投機的な暗号通貨取引に集中しています。実際の経済への寄与は最小限にとどまっています。”

中央集権的なシステムがこの分野に進出していることについて、セクターが分散化を主張しているにもかかわらず、特定のプレイヤーが非常に中央集権的であり、適切に規制されない場合、ステークホルダーにリスクをもたらします。

これは、プライベートキーの管理の複雑さや、中央集権的な取引所の人気を高める他のサービスに起因するものです。11月のFTXの崩壊は、セクターにおいてリスクを生じさせる規制されていない中央集権的なプレイヤーの典型的な例でしょう。

銀行は、業界内の悪質な行為者の活動をブロックするために、すべてのチャネルに適切な規制を指示することを提案しています。これには、彼らが伝統的な金融とどのようにやり取りするかも含まれます。

カナダの証券規制当局の連合は最近、その発行と取引に関するプロセスが証券の網に捕らわれることなく、安定したコイン規制を明確にしました。