12 10月 2021 · 0 min read

アリバ、ARVコインのGate.ioへの上場を発表

免責事項:以下の文章は、Cryptonews.comが作成したものではないプレスリリースです。

次世代の観光&旅行ブロックチェーンプロトコルであるアリバは、ARVが人気の暗号取引所Gate.ioに上場することを明らかにしました。

アリバにとっての重要なマイルストーン

報告書によると、Gate.ioは2021年10月8日にARV/USDTトークンペアを自社の取引所プラットフォームに上場する予定です。ARVがGate.ioの上場要件をクリアした要因には、アリバの潜在能力と素晴らしいトケノミクスがあります。

Gate.ioのリーチと人気を考えると、この開発はアリバにとって大きな意味を持ちます。Gate.ioは8年前から運営されており、暗号空間で最も古い取引所の1つです。

アリバコイン(ARV)は、400万人以上のユーザーの目に触れることになり、ユーティリティー・トークンの採用が促進されるでしょう。また、ARV保有者は、安全で流動性の高い取引所プラットフォーム内でトークンの送受信やスワップを行うことができます。

アリバ社、上場の一環として1万米ドルのARVを進呈 

Gate.ioへの上場を記念して、アリバ社は参加者に1万米ドルARV相当のプレゼント特典を用意しました。参加者は、2021年10月7日から始まる様々な活動に参加することで、このプレゼントに参加することができます。

Gate.ioはArivaの投票リストを立ち上げ、参加者は2021年10月7日から10月8日までARVのリストに投票することができます。参加者はGate.ioのネイティブトークンGTを使用して投票する必要があり、28,167,430ARV(5000米ドル)相当のエアドロップ報酬の分配を受けることができます。

10月8日のArivaトークンの上場に続き、Gate.ioに2,53,395ARV以上を入金した最初の600人のユーザーは、16,900,455ARVトークン(3000米ドル)のエアドロップを共有することができます。また、アリバ社は、Gate.ioのTwitterとTelegramのプラットフォーム上で、それぞれ300米ドルのARVと500米ドルのARVを配布します。

旅行・観光業界での暗号化導入を促進

アリバは、トラベル&ツーリズム業界の分散化を目指し、ここ数ヶ月で急速な成長を続けています。Arivaは、Ariva.World、Ariva.Club、Ariva.Financeを含む独自のエコシステムを開発しました。

また、アリバチームは、アリバコイン(ARV)の採用を促進するために、主要なパートナーシップや上場を続けています。ARVは10以上の取引所に上場しており、最近ではBitmartにも上場しました。

アリバのエコシステムも拡大しており、公開時点で21,000人以上のアクティブなトークン保有者と2,100万米ドルのマーケットキャップを有しています。

アリバ社について

Arivaは、観光・旅行業界向けの革新的な製品の構築に特化したブロックチェーン・エコシステムです。そのエコシステムは、アリバのエコシステム内で支払いとユーティリティーのトークンとして機能するBEP-20トークンであるARVコインによって支えられています。Arivaについての詳細は、ウェブサイト https://ariva.digital/.をご覧ください。