アナリスト、ビットコインとイーサリアムが(間もなく)底打ちする可能性ありと報じる

Sead Fadilpašić
| 1 min read
Source: Adobe/Augustas Cetkauskas

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の価格は、今年の大半を狭いレンジで推移しており、一部のアナリストは、両者が底を打つか、まもなく底を打つ可能性があると主張しています。

しかし、早まった強気には注意が必要です。Bloomberg Intelligenceのアナリスト、マイク・マクグローン氏は最新のレポートで、「ビットコインは天井というより床を形成している可能性が高い」と書いています。より正確には、価格は3万ドル付近で再び底を打つ可能性があります。このレベルは「2021年初めに抵抗線だったものを最初に突破して以来、市場の下で床を維持してきた」とアナリストは述べています。

特定のレンジトレーダーは失望を味わうことになるかもしれない、と彼は説明します。

“カバーしようとするショートホルダーや、[USD] 30,000を期待する新規ロングポジションは失望するかもしれない。” “11月よりも[USD] 60,000の抵抗が持続しないように見える。”

この統合期間は、最も抵抗の少ない経路が上を向いている状態で終わりつつあるのかもしれない、とMcGlone氏は指摘します。

彼は、次の重要なビットコインのしきい値は、話題になっていて、長い間予測されていた100,000米ドルかもしれないと付け加えました。

一方、投資調査会社Fundstratのテクニカルアナリスト、マーク・ニュートンは、BTCが今後数ヶ月で底打ちする可能性があるとの見解を示し、春までにコインの安値が訪れる「良い可能性」があると述べたとBloombergは報じています

それでも、ニュートンによれば、「この2週間のマイナーなバウンスは、新しい中期的なラリーが始まったと期待するにはまだ時期尚早かもしれない」ため、強気になるのはまだ早いとのことです。

ブル派は、価格が40,000米ドルを超えて動くことに注目すべきであり、35,511米ドルを下回ると32,950米ドルのテストにつながると、彼は付け加えています。

「日足終値で40,000米ドルを超えるまでは、下り傾斜のパターンが続いており、テクニカル的にはさらなる弱さを排除するのは難しい」とニュートンは注意を促しています。

一方、マクグローン氏によると、ETHのファンダメンタルズはビットコインと似ているといいます。

“強気のファンダメンタルズはそのままで、テクニカルガイダンスも分かりやすく、買い手は[USD] 2,000前後、売り手は[USD] 4,000前後で利益を得ています。永続的な強気市場の中で、統合期間の長さが問題です。”

さらに彼は、イーサリアムは昨年の夏を繰り返す、つまり約1,700米ドルに戻る道を歩んでいる可能性があると述べています。その後、レバレッジの弱いロングポジションが一掃されると、11月に4,800米ドル付近の新高値があったと、アナリストは述べています。「レンジの下限に近づいているイーサリアムは、ロングよりもショートの方がリスクが大きい」とマクグローン氏は結論づけました。

8:19 UTCの時点でBTCは38,028米ドルで取引されており、1日と1週間で2%上昇した。同時に、ETHは過去24時間で6%、7日間で18%上昇した後、2,843米ドルで取引されています。

____

詳細はこちら:
Bitcoin to Hit USD 93K This Year, According to Less Optimistic Survey
USD 100K per Bitcoin ‘Hopium’ Now Moved to Mid-2022

Bitcoin and Ethereum Price Predictions for 2022
How Global Economy Might Affect Bitcoin, Ethereum, and Crypto in 2022

Fiat Fears Intensify as Turkey’s Inflation Runs Wild; Citizens Turn to Bitcoin, Tether
Another Case for Bitcoin as Lebanon Reportedly Targets Depositors’ Fiat